峯陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

峯 陽一(みね よういち、1961年12月24日 - )は、アフリカ地域研究者国際関係学者(専攻は南部アフリカ経済論・ヒューマン・セキュリティ論)、同志社大学教授。

経歴[編集]

熊本県天草市生まれ。1987年京都大学文学部史学科卒、93年同大学院経済学研究科博士課程満期退学。大学院在学中にナミビア独立支援キャンペーン事務局で活動。

1993年中部大学国際関係学部専任講師、96年助教授、2002年教授、2006年大阪大学人間科学研究科助教授、2007年准教授、2010年同志社大学グローバルスタディーズ研究科教授。この間、1998 - 2000年南アフリカ共和国ステレンボッシュ大学政治学科助教授。

1993年日本アフリカ学会研究奨励賞、2000年国際開発研究大来賞、2001年NIRA大来政策研究賞受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『南アフリカ;「虹の国」への歩み』岩波新書 1996
  • 『現代アフリカと開発経済学 市場経済の荒波のなかで』日本評論社 1999

共編著[編集]

訳書[編集]

参考文献・外部リンク[編集]