島原中央道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道251号標識

島原中央道路(しまばらちゅうおうどうろ)は、長崎県島原市秩父が浦町から長崎県島原市下折橋町に至る総延長4.5 kmの道路である。当道路は、国道251号バイパスとして指定されている。2012年平成24年)10月8日に全線開通した。地域高規格道路である島原道路(しまばらどうろ)を構成する。通行料金は無料。

インターチェンジ・橋梁・トンネル[編集]

北部
  • 島原ICがまだすロード
    • 下折橋高架橋(しもおりはし、59.40 m)
    • 萩ヶ丘高架橋(はぎがおか、66.50 m)
    • まゆやまトンネル
    • 白水高架橋(しらみず、224.50 m)
    • 新湊高架橋(しんみなと、44.7 m)
      • 新湊高架橋Aランプ(35.80 m)
      • 新湊高架橋Bランプ(49.10 m)
  • 島原外港IC(島原市道親和町・湊広場線)- 計画段階の仮称は島原南ICであった。
    • 親和町高架橋(しんわまち、102.00 m)
    • 秩父が浦跨道橋(ちちぶがうら、34.7 m)
  • 島原南IC(国道251号島原深江道路)- 計画段階の仮称は秩父が浦ICであった。
南部

沿線・周辺[編集]

  • 島原総合運動公園
  • ひょうたん池公園

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]