島原鉄道キハ2500形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島原鉄道キハ2500形気動車
キハ2500A形気動車
キハ2550形気動車
キハ2550A形気動車
キハ2500形2507 (加津佐、2008年1月6日)
キハ2500形2507
(加津佐、2008年1月6日)
基本情報
製造所 新潟鐵工所新潟トランシス
製造年 キハ2500:1994年 - 2000年
キハ2550:2001年・2009年
主要諸元
軌間 1,067 mm
車両定員 キハ2500A(2501 - 2510)
:115名(座席56名)
キハ2500A(2511 - 2513)
キハ2550形
:113名(座席51名)
自重 30 t
最大寸法
(長・幅・高)
18,500 × 2,828 × 3,973 mm
車体 鋼製
台車 空気ばね式ボルスタレス台車 NP126D/T
機関 新潟鐵工所 DMF13HZ
機関出力 330 PS
変速機 液体式 TACN-22-1610
変速段 変速1段・直結2段
搭載数 1基 / 両
制動装置 自動空気ブレーキ(常用)・電気指令式保安ブレーキ(予備)・排気ブレーキ(抑速)
テンプレートを表示

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

島原鉄道キハ2500形気動車(しまばらてつどうキハ2500がたきどうしゃ)は、1994年(平成6年)に登場した島原鉄道気動車ディーゼル動車)である。

本記事では、2001年(平成13年)に登場した本形式の改良増備形式であるキハ2550形気動車と、キハ2500・キハ2550の改造により誕生したキハ2500A形気動車キハ2550A形気動車についても記述する。

概要[編集]

1990年代に入り、老朽化が進んでいたキハ55形・キハ26形キハ20形の置き換えを目的として[1][2][3]、新潟鉄工所にて1994年に5両(2501 - 2505)[4]、1997年(平成9年)に5両(2506 - 2510)[4]、2000年(平成12年)に3両(2511 - 2513)[4]の計13両が製造された。

新潟鐵工所の軽快気動車、NDCシリーズの第二世代にあたる車両[3][5]で、基本的な車体構造や性能は九州旅客鉄道(JR九州)のキハ125形気動車に準じている。また、入線当初よりワンマン運転対応設備(JRキハ125と同仕様[6][7]を備えていた。

2001年(平成13年)には保安ブレーキを二重系統化した改良形式であるキハ2550形2両(2551・2552)が製造されている[5][3][4]。2011年(平成23年)には2009年(平成21年)の踏切事故(後述)により運用を離脱した2512の代替として2553が増備されている。

2013年(平成25年)には、2512を除くキハ2500形全車と、キハ2550の2551・2552の自動ドレン分油器、及び除湿装置にヒーターが設置された[8]。改造に伴い、車両番号の末尾にアルファベットのAが付記され、形式名もキハ2500Aキハ2550Aと改められた[8]

車体[編集]

車体は新潟鉄工所の軽快気動車標準型18メートルタイプ[1]で全鋼製[9]。基本的な仕様は1993年(平成5年)登場のJR九州キハ125形に準じている[9]が、キハ125ではトイレが設置されなかった(後に設置改造)のに対し、本形式では諫早側の車端部にトイレが設置されている。

側面窓は2段式のユニット窓(上部固定、下部上昇)で、客室側に横引きのカーテンを備えている[5]

車体塗色は、島原半島の大地の実りと、安心・安全への願いが込められたイエローを基調に[1]、アクセントとして裾部分をブルーの帯とした[9]。また、車体の両側面には「島原の子守唄」にちなんだイラストが描かれている[7][3]

車内は床面・壁面をグレー基調、座席はパープル基調で、座席配置は中央部に2列+2列、もしくは2列+1列のボックスシート、車端部はロングシートを配置したセミクロスシートとなっている[7]。なお、キハ2500形3次車(2511 - 2513)と、改良形式であるキハ2550形は座席配置の変更により定員数が減少した他、室内の排煙筒が赤く塗装されている[10]

冷房装置は機関直結式のAU26J形(31,000 kcal)を、暖房装置は温水温風ヒーター式のWH-55R-1(42,400 kcal)がそれぞれ搭載されている[7]

機関・変速機・台車[編集]

機関は新潟鉄工所製の鉄道車両向け直噴式ディーゼルエンジンであるDMF13HZ(330 PS/2000 rpm)が1基搭載されている[7]

変速機は変速1段・直結2段の液体式TACN-22-1610[7]、台車は密封式円すいコロ軸受けの空気ばねボルスタレス台車NP126D(動力台車・2軸駆動)、NP126T(付随台車)が装着されている[7]

運用と現状[編集]

1994年12月21日より一般営業運転に投入された[2]。運用当初は南島原駅(現・島原船津駅)以北での固定運用であった[2]。 設計当初からキハ20形を初めとした既存車との総括運転が可能であり[7]、2002年(平成14年)からはトロッコ列車「島鉄ハッピートレイン」の牽引車としてキハ20形2011と共に2007年(平成19年)の同列車廃止まで運用された[10]

キハ2500形2512は、2009年(平成21年)8月に吾妻 - 古部間で発生した踏切事故[11]により運用を離脱。損傷が激しかったことから2014年3月付で廃車となった[8]。2512の代替として2011年(平成23年)に2553が新造され、同年3月12日より運行を開始している。

2014年(平成26年)現在、キハ2500A形12両(2501A - 2511A・2513A)、キハ2550A形2両(2551A・2552A)、キハ2550形1両(2553)の計14両が在籍している[8]。島原鉄道の全列車に使用されており、全車ワンマン運転に対応している。

キハ2504は一時期ラッピングを施し「まぼろしの邪馬台国号」となっていた。

2014年4月より一部車両に企業・個人等がデザインしたヘッドマークが設置され、「列車命名オーナー車両」[12]として運行されている。

2016年(平成28年)1月には、キハ2500A形2505Aの塗装が、1986年(昭和61年)から2008年(平成20年)まで同社のキハ20形等に採用した「赤パンツ」、「島鉄標準色」[10]と呼ばれる塗り分けに変更された。同車は2018年(平成30年)に引退が予定されており、「引退までの花道を飾りたい」という同社社員の要望から塗り替えが実現したもので、 2018年までの約3年間に限りこの塗装にて運行される予定である[13]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「島原鉄道 軽快ディーゼル動車キハ2500形を投入」『鉄道ジャーナル1995年2月号』第29巻第2号、鉄道ジャーナル社、1995年2月、 113頁。
  • 鶴通孝「子守歌のふるさとで今 雲仙普賢岳災害から立ち上がる島原鉄道」『鉄道ジャーナル1995年2月号』第29巻第4号、鉄道ジャーナル社、1995年4月、 28-42頁。
  • 『鉄道ピクトリアル』第45巻第10号(通巻612号)1995年10月臨時増刊号「新車年鑑1995年版」、鉄道図書刊行会、1995年。
    • 島原鉄道(株)鉄道部鉄道課 堀安浩、飯塚克己『島原鉄道キハ2500形』、1995年、138-139頁。
  • 寺田裕一『ローカル私鉄車輌20年 西日本編』JTBパブリッシング、2002年。ISBN 4533041027。
  • 斉藤幹雄「緊急レポート・島原鉄道「南線」は今」『鉄道ファン2008年4月号』第48巻第4号、交友社、2008年4月、 156‐161。
  • 『鉄道ピクトリアル』2014年10月号臨時増刊 通巻896号「鉄道車両年鑑2014年版」鉄道図書刊行会、2014年。
    • 私鉄各社「車両データ―2013年度(民鉄車両)」 pp. 224-228