島口重次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島口 重次郎(しまぐち じゅうじろう、1912年明治45年)1月15日[1] - 1968年昭和43年)3月17日[2])は、日本の社会運動家、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

青森県弘前市で生まれる[1]小学校卒業後、市内のタンス店に職工として勤め、その後、無産運動に加わる[2]1932年全農青年部青森県連合会執行委員に就任[1]1934年日本共産党に入党したが、同年に検挙され懲役3年となり服役した[1]

戦後、日農の再建に尽力し、また日本社会党の結成に加わり、同青森県連選挙対策部長、同書記長、同委員長、弘前市議会議員青森県議会議員などを務めた[1][2]

1958年5月、第28回衆議院議員総選挙青森県第二区から出馬して当選[2]第30回第31回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算三期務め、在任中に死去した[2]。この間、日本社会党中央本部執行委員、同中小企業局団体対策部長などを歴任[2]

その他、青森県藁工品協会長、全国藁工品協会中央理事、弘前油脂産業社長、島口興業社長などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『市民・社会運動人名事典』211頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』311頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。