島孝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島 孝明
島孝明投手.jpg
ロッテ時代の2017年10月1日、横須賀スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県佐倉市
生年月日 (1998-06-26) 1998年6月26日(21歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島 孝明(しま たかあき、1998年6月26日 - )は、千葉県佐倉市出身[1]の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県宝塚市で出生後に、1歳から千葉県佐倉市で生活[1]。佐倉市立青菅小学校1年時にユーカリベアーズ・ジュニアコスモスで軟式野球を始めると、6年時まで捕手を務めた。

佐倉市立井野中学校時代に佐倉シニアへ所属したことを機に投手へ転向[1]。千葉県内(市原市)の東海大市原望洋高に進学すると、1年夏の第96回全国高等学校野球選手権千葉大会5回戦に登板[2]。チームが千葉大会の優勝によって阪神甲子園球場での本大会へ出場したことから、背番号18番の控え投手として本大会でもベンチ入りを果たしたが、本大会には登板しなかった[3]。高校入学から1年で球速140km/hを超え、2年生の秋には148km/hを記録[4]。3年時の春季千葉県大会では、通算投球イニング8回で無四球、16奪三振の好成績を残したことによって、チームを優勝に導いた[5]。その後に出場した春季関東大会では、石岡第一高校との2回戦で、2被安打、無失点、毎回の10奪三振で9回完封勝利を挙げたことで一躍注目された[4]。3年時の夏には、第98回全国高等学校野球選手権千葉大会準々決勝で木更津総合高校に敗れた[6]ものの、8月30日から台湾で開催されたアジア大会U-18日本代表として出場した[3]

2016年のNPBドラフト会議で、地元球団の千葉ロッテマリーンズから3巡目で指名[1]。契約金5,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した[7]。背番号は40

プロ入り後[編集]

2017年には、一軍公式戦への登板機会がなかった。夏場に制球難へ陥った[8]影響で、イースタン・リーグ公式戦でも3試合の登板にとどまった[9]ものの、シーズン終了後に台湾で開催のアジアウインターリーグでは同リーグ選抜チームの一員として参加[10]。12月6日の対社会人野球(JABA)選抜戦に救援で登板したが、四球を連発したため、学生時代に投手として活躍していた外野手・柿澤貴裕読売ジャイアンツから参加)への交代を命じられた[11][12]

2018年には、イースタン・リーグ公式戦11試合に登板。勝敗は付かなかったが、通算投球イニング11回2/3に対して与四球数が12個に達するなど制球が定まらず、防御率は10.80に達した[13]

2019年には、イースタン・リーグ公式戦20試合に登板。防御率は2.00と前年から大幅に改善されたが、一軍昇格どころか同リーグ公式戦での初白星に至らない[14]まま、シーズン終了後の10月3日に支配下選手契約の解除を通告された。球団からは育成選手としての再契約を打診されていたが、12月2日付でNPBから自由契約選手として公示された[15]後に、同月7日に球団を通じて現役からの引退を発表。引退を機に、大学への進学を目指すことも明かした[8][16]

現役引退後[編集]

國學院大學日本プロ野球選手会との協定に基づいて人間開発学部健康体育学科で実施している「セカンドキャリア特別選考」に合格したため、教職課程の履修を視野に、2020年4月から同学科へ進学[17]

選手としての特徴[編集]

スリークォーター投球フォームから[18]ストレート[5]スライダーカットボールカーブを投じる本格派右腕[19]

ストレートの球速については、高校1年時で140km/hを上回ると、2年時の秋には148km/hを記録[4]。さらに、3年時の春季千葉県大会において、市立船橋高校戦との3回戦で自己最速の153km/hを計測した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 40 (2017年 - 2019年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ロッテ3位は「課長」島孝明「球界代表する選手に」”. 日刊スポーツ (2016年10月29日). 2017年11月19日閲覧。
  2. ^ 第96回全国高校野球選手権千葉大会 東海大望洋―渋谷幕張(5回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年7月22日). 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ a b ドラフト会議 「通算200勝目指す」 東海大市原望洋・島投手、ロッテ3位 /千葉”. 毎日新聞 (2016年10月21日). 2017年11月19日閲覧。
  4. ^ a b c プロ注目!東海大市原望洋・島150キロ連発10K”. 日刊スポーツ (2016年5月23日). 2017年11月19日閲覧。
  5. ^ a b 東海大市原望洋プロ注目153キロ島、千葉大会制す”. 日刊スポーツ (2016年5月5日). 2017年11月19日閲覧。
  6. ^ 東海大市原望洋・島 150キロも涙の敗退/千葉”. 日刊スポーツ (2016年7月23日). 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ 【ロッテ】ドラフト3位・島孝明、5000万円で契約「160キロ、いけたらいいと思います」”. スポーツ報知 (2016年11月20日). 2017年11月19日閲覧。 ロッテ・ドラフト3位島の美人姉たちも来た!主役は苦笑い「出過ぎ…」”. SANSPO.COM (2016年12月14日). 2017年11月19日閲覧。
  8. ^ a b ロッテ、島孝明の現役引退を発表 育成契約打診も大学進学へ「貴重な時間を過ごせた」”. FullCount. 2019年12月7日閲覧。
  9. ^ 2017年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月19日閲覧。
  10. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  11. ^ 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)試合結果”. 日本野球機構 (2017年11月17日). 2019年12月7日閲覧。
  12. ^ ロッテ・島孝明 荒々しさを取り戻せ”. 週刊ベースボール (2019年4月18日). 2019年12月7日閲覧。
  13. ^ 2018年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年12月7日閲覧。
  14. ^ 2019年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年12月7日閲覧。
  15. ^ 2019年度 自由契約選手”. 日本野球機構. 2019年12月7日閲覧。
  16. ^ ロッテ島孝明、引退発表 16年ドラフト3位、今後は大学進学を希望「まったく違った新たな道を」”. スポーツニッポン (2019年12月7日). 2019年12月7日閲覧。
  17. ^ 元ロッテ・島氏、元広島・岡林氏が国学院大合格 セカンドキャリア特別選考で”. スポーツニッポン (2020年3月16日). 2020年3月16日閲覧。
  18. ^ 東海大市原望洋・島孝明「高校生ではトップクラス」”. 日刊スポーツ (2016年5月1日). 2017年11月19日閲覧。
  19. ^ 第402回 東海大学付属市原望洋高等学校 島孝明選手”. 高校野球ドットコム (2016年4月30日). 2017年11月19日閲覧。

関連項目[編集]