島崎譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
島崎 譲
生誕 (1962-08-20) 1962年8月20日(54歳)
日本の旗 日本 神奈川県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1981年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 『THE STAR』
覇王伝説 驍
テンプレートを表示

島崎 譲(しまざき ゆずる、本名・旧ペンネーム:竹之越 江津子1962年8月20日 - )は、日本の女性漫画家

経歴[編集]

神奈川県出身。幼少時にアニメ『サイボーグ009』に強い刺激を受け、漫画家を志す[1]。1981年、専門学校在学中に「おやじの日曜日」(デラックスマーガレット掲載)でデビュー。専門学校卒業後は増刊少年サンデーに読み切りを多数発表する一方で、アニメーターとしても活動[2]していた。

1985年に週刊少年マガジンにて『青竜の神話』で初連載する際にペンネームを現行に変更[3]。その後20年近くは講談社の漫画雑誌で作品を発表し続けていたが、MiChao!での連載終了後は講談社から離れる。異世界歴史ファンタジーを得意としていたが、近年は歴史漫画を軸に描いている。

人物[編集]

  • 親戚に落語家桂枝太郎がいる。
  • 2003年末の『リオン』完結後、腱鞘炎のため一時期休業。『宇宙戦艦ヤマト』の企画のオファーがあったが流れている[4]
  • 2008年にブログを開設。未公開イラストを積極的にアップしている。

漫画[編集]

連載[編集]

主な読み切り[編集]

  • 危剣は折れず!(週刊少年サンデー増刊号)・・・竹之越江津子名義 ※第2回同人誌グランプリ作品部門入賞作
  • 君は単細胞!(週刊少年サンデー増刊号)・・・竹之越江津子名義
  • 感動しちゃいそ(週刊少年サンデー増刊号)・・・竹之越江津子名義
  • あいつは好敵手(ライバル)(週刊少年サンデー増刊号)・・・竹之越江津子名義
  • 青春の水しぶき(週刊少年サンデー増刊号)・・・竹之越江津子名義
  • 戦、売ります! 雑賀孫市伝(コミック戦国マガジンVol.1とVol.2に掲載、2005年

脚注[編集]

  1. ^ ペンネーム島崎譲も「譲」は「ジョー」とも読め、実際に『サイボーグ009』の主人公009こと島村ジョーから採ったと『サイボーグ009』への寄稿イラストに書いている。
  2. ^ SF新世紀レンズマン』にクレジットされている。
  3. ^ 以前は本名で仕事していたが、字画が多く漫画向きでなかったこと、作風として命のやり取りの場面が多いので‘女が描いている’と先入観を持たれたくなかったから、と述べている(公式HPにおける読者とのやり取りから)。
  4. ^ そして…まだまだまだ…(^_^;)
  5. ^ 蒼き氷河の果てに… 植村直己物語(島崎譲)”. 文化庁メディア芸術データベース. 2017年6月22日閲覧。
  6. ^ 3巻収録分まで。