島村貫倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島村 貫倫(しまむら つらとも、1833年5月17日天保4年3月28日)- 1876年明治9年)8月18日)は、幕末期の小倉藩藩士。通称は志津摩。号は竹渓。

経歴[編集]

1852年嘉永5年)家老となり、1866年(慶応2年)第二次長州征討に参加した。小倉城放棄後は香春を拠点に長州藩と戦った。1867年(慶応3年)に小倉藩と長州藩が和約を結んだ。1869年(明治2年)2月辞職。小倉 - 香春間の金辺峠に「島村志津摩の記念碑」がある。

関連項目[編集]