島根県立松江南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島根県立松江南高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 島根県の旗 島根県
校訓 質実剛健
創造進取
和敬共栄
設立年月日 1961年(昭和36年)4月1日
共学・別学 男女共学
分校 宍道 (2013年廃校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科、理数科、補習科
学期 3学期制
高校コード 32103G
所在地 690-8519
島根県松江市八雲台一丁目1番1号
北緯35度26分23.3秒東経133度4分9.4秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

島根県立松江南高等学校(しまねけんりつ まつえみなみ こうとうがっこう, Shimane Prefectural Matsue Minami High School)は、島根県松江市八雲台一丁目に所在する公立高等学校。通称「南高」(みなみこう)。

概要[編集]

歴史
1961年昭和36年)に島根県立松江高等学校が南・北の2校に分割され、「島根県立松江南高等学校」として開校(北は島根県立松江北高等学校)。2011年平成23年)に創立50周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
PTAにより過年度生(卒業生)対象に補習科が設置されている。
分校
宍道分校(定時制課程 家政科)- 2010年(平成22年)の島根県立宍道高等学校の新設に伴い、2013年(平成25年)3月に閉校
校訓
「質実剛健・創造進取・和敬共栄」
校章
校歌
作詞は木島俊太郎、作詞は松本民之助による。歌詞は3番まであり、1番に校名の「松江の南」が登場する。
同窓会
校舎の建つ矢の原台にちなみ「矢の原会」と称している。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく島根県内公立高等学校の再編が行われる。
    • 県立松江第一高等学校(男子校)・県立松江第二高等学校(女子校)・松江市立高等学校(女子校)が統合され、総合制高等学校「島根県立松江高等学校」が発足。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 松江市立宍道中学校に定時制課程家庭科を併設。
    島根県立松江北高等学校#沿革も参照
  • 1959年(昭和34年)- 島根県立松江高等学校の二分化方針により校舎第1期建築工事に着手。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 島根県立松江高等学校を南北に分離し、「島根県立松江南高等学校」として開校。
    • 学区を松江市橋南、八束郡宍道湖・大橋川以南の地区と決定。
    • 宍道町の定時制課程家庭科を宍道分校とする。
    • 初代校長に木島俊太郎が就任。
  • 1963年(昭和38年) - 校舎が完成。
  • 1964年(昭和39年)3月 - 第1回卒業式を挙行。同窓会「矢の原会」を創設。
  • 1965年(昭和40年)- 男女併学を開始。
  • 1966年(昭和41年) - PTAにより補習科が設置。
  • 1967年(昭和42年)- 食堂が完成。
  • 1969年(昭和44年)
    • 4月1日 - 理数科(1学級)を設置。
    • この年 - 寄宿舎が完成。
  • 1970年(昭和45年)- 創立10周年を記念し記念館が完成。
  • 1971年(昭和46年)- 体育部室・合宿所が完成。
  • 1972年(昭和47年)- 男女共学を再開。
  • 1975年(昭和50年)- 剣道場を増設。
  • 1976年(昭和51年)- 第3棟が完成。
  • 1979年(昭和54年)- 財団法人「矢の原教育振興会」を創設。
  • 1980年(昭和55年)- テニスコートが完成。
  • 1981年(昭和56年)- 校庭一面化工事を完了。新体育館(現・第1体育館)が完成。
  • 1983年(昭和58年)- 島根県立松江東高等学校の新設に伴い、学区を変更。
  • 1986年(昭和61年)-「清明の碑」を建立。
  • 1987年(昭和62年)- 校名碑を建立。
  • 1999年(平成11年)- 校舎改築工事に着手。旧第2体育館を偲び「練習納めの会」を挙行。
  • 2000年(平成12年)- 新特別教室棟・新第2体育館が完成。旧特別教室棟を偲び「さよなら文化祭」を開催。
  • 2001年(平成13年)- 旧普通教室棟を偲び矢の原会(同窓会)による「旧校舎惜別の会」を挙行。
  • 2002年(平成14年)- 新校舎が完成。

部活動[編集]

運動部

文化部

著名な出身者[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]