島根県道162号大社立久恵線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
島根県道162号標識

島根県道162号大社立久恵線(しまねけんどう162ごう たいしゃたちくえせん)は出雲市大社町北荒木と出雲市乙立町を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

路線状況[編集]

  • 出雲市芦渡町 - 出雲市乙立町間は細い山道が続くため大型車の通行は困難[1]。普通車でも路肩が弱く、離合箇所やガードレールがないため避けたほうが無難。
  • このため、島根県道39号湖陵掛合線才谷トンネルが整備されてからは、そちらを通るルートの方が一般的である。[2]
  • 出雲市高松町の一部区間(神門橋北方交差点 - 高松駅前橋交差点)についても、案内標識に「大型車通行不可」という表記が見られる[3]。この区間は狭隘ではないが、道幅から大型車の通行はきわめて難しい。また、旧出雲高松駅付近(主として高松駅前橋交差点付近)では出口が非常に狭いため、いずれにしても大型車の通行には適さない。
  • 起点(出雲市大社町北荒木・北荒木交差点)から出雲市松寄下町・高松中央橋交差点までの区間は、島根県道161号斐川出雲大社線の一部(出雲市大社町杵築東・国道431号交点 - 北荒木交差点)、出雲市道の一部(高松中央橋交差点 - 出雲市白枝町・白枝交差点)とともに「大社街道」と通称されている.この大社街道がかつての島根県道28号出雲大社線の現道であった(現在の島根県道28号は大社街道のバイパスとして建設された)。かつては出雲市中心部から出雲大社に向かうメインルートであったが、現在は国道431号・島根県道28号現道の整備により交通量が分散された。出雲市駅と出雲大社間を結ぶ路線バス(一畑バス)は、現在でも高松中央橋以西は大社街道を通るルートを中心に運行されている[4]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 出雲市

接続道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際にその区間の手前辺りには、大型車の離合困難を示す案内標識が設置されており、迂回を促している。
  2. ^ また、出雲市芦渡町側に立っている案内標識では、引き返した上で簸川南広域農道(出雲ロマン街道)経由で国道184号を通行して立久恵峡・佐田町方面へ向かう方法が案内されている。
  3. ^ 神門橋の出雲市白枝町側と神門橋北方交差点に、実際にそのような案内標識がある。
  4. ^ スサノオ観光の外園線は高勢川沿いの従来のルートを走行する。

関連項目[編集]