島津久理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
島津久理
Shimazu Hisamichi.jpg
島津久理像
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦3年(1657年
死没 享保12年1月28日1727年2月18日
改名 忠顕(初名)→忠智→久理→香雲(号)
別名 筑後(通称
戒名 瑞宝院殿義雲玄道大居士
墓所 宮崎県都城市都島町の都城島津家墓地
主君 島津光久綱貴吉貴
薩摩藩都城私領主
氏族 島津宗家都城島津氏
父母 父:島津光久、母:玉利氏
養父:島津忠長
兄弟 綱久久定忠長、久岑、久逵、久侶、鎌田正長、久理、喜入久亮、久明、久当、久記、桂久祐、畠山基明、入来院重矩久房、久雄、税所久皎
正室:入来院重頼の娘
万亀(夭折)、久龍入来院規重

島津 久理(しまづ ひさみち)は、江戸時代前期から中期の薩摩藩士。都城私領主である都城島津家18代当主。

生涯[編集]

明暦3年(1657年)、薩摩藩2代藩主・島津光久の八男として生まれる。寛文10年(1670年)、実兄の都城島津家17代当主・忠長が継嗣無く26歳で早世したため、島津宗家の命により都城島津家を相続することとなった。

都城島津家(北郷家)の15代久直、16代久定および17代忠長の3代の当主は、いずれも島津宗家からの養子であったが、北郷家の娘を娶っていた。これに対し、久理の妻は入来院領主・入来院重頼の娘である[1]。北郷家の血統を継ぐ男系として、12代当主北郷忠能の庶子久常がいたにもかかわらず、島津宗家から養子が送り込まれたということは、島津宗家により北郷家に代わって新たに都城島津家が創設されたという見方もある(『都城市史』)。

貞享2年(1685年)、家老の川上久隆に命じ、関之尾滝上流の岩山を掘り抜く難工事の末、灌漑用の南前用水路を完成させた。

元禄15年(1702年)、家督を長男の久龍に譲り隠居し、香雲と号した。享保12年(1727年)、71歳で死去した。龍峰寺に葬られた。

参考文献[編集]

  • 瀬戸山計佐儀 『都城島津家歴代史 全』 三州文化社、1992年。
  • 『都城市史』
  • 『都城盆地 史跡ガイドブック ①旧都城市編』 南九州文化研究会、2014年。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、彼女は北郷時久の外孫(入来院重時の子孫)にあたるため、間接的に北郷家の血統を継いでいる形にはなる