島津久賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島津 久賢(しまづ ひさよし[1] / ひさたか[2]1881年明治14年)4月20日[1] - 1926年大正15年)11月10日[1][2])は、明治・大正期の政治家華族貴族院男爵議員。旧姓・相良、旧名・基直[1][3]

経歴[編集]

人吉藩主・相良頼基の六男[注 1]として生まれる[3][4]1896年、加治木島津家当主・島津健(とし、前当主・故島津久宝夫人、島津久徴六女)の養子となり、同年8月14日に家督を継承[1][3]1897年10月27日、久宝の戊辰戦争の功により特旨をもって男爵を叙爵した[1][5]

錦城中学校を経て、1906年早稲田大学政治経済科を卒業[1][3][6]1909年イギリスに留学し、政治学・法律学を学び、1910年10月に帰国した[1][3][6]

1914年6月、貴族院男爵議員補欠選挙で当選し[7]公正会に所属して活動し、1925年2月21日に辞職した[2][8]。その他、護謨工業代表、東京セルロイド取締役、京浜大和運河取締役を務めた[4]

1926年11月、東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町原宿の自宅で療養中に死去した[4]

親族[編集]

  • 妻 島津直(なお、島津久宝・健夫妻長女)[1]
  • 養子 島津久英(男爵、南部利克四男)[1]
  • 長女 島津澄(すみ、久英夫人)[1][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、743頁では三男。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『平成新修旧華族家系大成』上巻、743頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』74頁。
  3. ^ a b c d e f 『華族畫報』下、562頁。
  4. ^ a b c 『大正過去帳』350頁。
  5. ^ 『官報』第4299号、明治30年10月28日。
  6. ^ a b 『人事興信録』第7版、し61頁。
  7. ^ 『官報』第561号、大正3年6月15日。
  8. ^ 『官報』第3749号、大正14年2月23日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』上巻、社団法人霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『大正過去帳 物故人名辞典』東京美術、1973年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(加治木)島津家初代
1897年 - 1926年
次代:
島津久英