島津久静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
島津久静
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 天保3年正月15日1832年2月16日
死没 文久2年5月26日1862年6月23日
別名 出雲、石見(通称
墓所 宮崎県都城市都島町の都城島津家墓地
官位 従四位
主君 島津斉彬茂久
薩摩藩都城私領主
氏族 都城島津家
父母 父:島津久本、母:喜代(島津久長の娘)
兄弟 久静、甲(島津久福正室)、尋(北郷久徳正室)、新納資致、北郷資恭、北郷久政、川上資充
正室:島津久光の娘)
久寛

島津 久静(しまづ ひさなが)は、江戸時代後期の薩摩藩士。都城私領主である都城島津家25代当主。島津久本の長男。

安政3年(1856年)、久本の隠居によって家督を継ぐ。久本が始めた百姓寄合田を郷士[1]に適用した衆中寄合田を始めた。また藩政では東目海岸防禦総取として大隅半島の海防に当たった。

安政6年(1859年)、肥田景正に命じて京都江戸を観察させ、自身も藩主島津茂久の名代として江戸に出府している。文久2年(1862年)、岳父である島津久光の上洛に先立って大館晴勝・木幡栄周・隈元棟貫・豊丸勝任・山下章・坂元良敏・立山時常らに京坂を探索させ、自身も三百余名の兵を率いて上洛した。久光が幕政改革を迫って東下した際に、尊皇攘夷過激派から京都を守護するために留守を守り、都城兵は御所の警備などを行った。しかし久静は麻疹に罹って伏見で急逝した。役人[2]の北郷資雄・資知らはその死を秘し役目を全うした。

跡を息子の久寛が継いだが、幼かったため父の久本が再び政務を見た。

脚注[編集]

  1. ^ 都城島津家は都城城下だけでなく領内に多くの郷(外城)を抱えており、本藩と同様の行政組織をとっていた。
  2. ^ 薩摩藩私領主の家老にあたる役職。