島津四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
島津 四郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 1934年
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島津 四郎(しまづ しろう、1934年 - )は、群馬県出身のアマチュア野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

桐生工業高等学校では、エースとして1952年春の選抜に出場。2回戦(初戦)で豊橋時習館高を完封するが、準々決勝では鳴尾高中田昌宏と互いに無失点で投げ合い、延長12回の末に0-1でサヨナラ負けを喫する[1]。同年夏の甲子園予選でも北関東大会準決勝に進出するが、豊田泰光加倉井実のいた水戸商に惜敗。高校同期に高野价司がいた。

日本大学へ進学。東都大学野球リーグでは在学中に5回優勝。1955年春季リーグで優勝に貢献し、同季の最優秀投手賞を獲得。直後の大学野球選手権は決勝に進み、明大秋山登とのアンダースロー対決が話題となるが、0-1で完封され準優勝に終わる。翌1956年の春季リーグでも最優秀投手となるが、大学野球選手権では、同じく決勝で関大村山実に抑えられ準優勝。1954年春季リーグの農大1回戦でノーヒットノーラン1955年春季リーグでは駒大4回戦で完全試合を達成したことで知られる[2]。リーグ通算60試合登板、33勝9敗[3]。大学同期に投の二本柱であった江崎照雄三塁手人見武雄二塁手の畠中良雄(阪急)がいた。

卒業後は熊谷組へ入社。1957年都市対抗に出場。ライバル専大から同期入社した森永勝也や、古田昌幸ら強力打線の援護もあって勝ち進む。1回戦で東洋レーヨンに完封勝利、準決勝でも全鐘紡の河合貞雄住友金属から補強)に投げ勝ち完封勝利。決勝では日本通運堀本律雄を打線が打ち崩し2安打完封勝利、チーム初優勝を飾る[4]。同大会の橋戸賞を獲得した。同年にデトロイトで開催された第3回世界野球大会に森永、古田らとともに社会人野球日本代表として出場[4]、日本の優勝に貢献する。1958年都市対抗でも準決勝に進むが、江藤慎一を打の主軸とする日鉄二瀬に敗退した[4]1960年都市対抗では故障もあって登板機会がなかったが、決勝では延長10回裏に松下電器松浦三千男鐘化カネカロンから補強)から代打サヨナラ適時打を放ち優勝に貢献[4]1961年産業対抗では決勝で丸善石油を再試合の末に降し優勝、最高殊勲選手賞を獲得した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 日本大学野球部について」日本大学野球部
  3. ^ 過去の記録」(一財)東都大学野球連盟
  4. ^ a b c d 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年