島津師久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
島津師久
時代 南北朝時代
生誕 正中2年8月16日1325年9月23日
死没 天授2年/永和2年3月21日[1]1376年4月10日
改名 生駒丸(幼名)→師久
別名 三郎左衛門尉
神号 貞道廣高男命[2]
戒名 称名寺殿 定山道貞大禅定門
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町島津家墓地
官位 大夫判官[2]従五位下上総[1]
幕府 室町幕府薩摩守護[1]
主君 足利尊氏義詮義満
氏族 島津総州家
父母 父:島津貞久、母:栴林夫人(大友親時娘)[2]
兄弟 川上頼久宗久師久氏久、光久、氏忠[1]
得祥夫人[2]
伊久、碇山久安[2]

島津 師久(しまづ もろひさ)は、南北朝時代武将島津氏6代当主(総州家初代当主)。

生涯[編集]

5代当主・島津貞久の三男として誕生。

足利尊氏に属して武功を挙げたため、薩摩国内や肥前国内の地頭に任じられた。父の死の直前である正平18年/貞治2年(1363年)4月、次兄・宗久が早世した為、父から家督と薩摩守護職を継ぐこととなった(大隅守護職は弟・氏久が継ぎ、奥州家の祖となった)。これが総州家の始まりである。その後、家督を子・伊久に譲っている。

天授元年/永和元年(1375年)、今川了俊の謀略で少弐冬資が暗殺されると(水島の変)、この行為に激怒して了俊と対立した。翌年3月、52歳で死去[1]。墓所は初め川内隈之城の称名寺跡にあったが、後に福昌寺跡に改葬された。

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 瀬野精一郎 著『人物叢書‐足利直冬』吉川弘文館、2005年、p.198
  2. ^ a b c d e 『島津歴代略記』(島津顕彰会 1985年

参考文献[編集]

書籍
  • 瀬野精一郎『足利直冬』(人物叢書)吉川弘文館、2005年 ISBN 464205233X
  • 『島津歴代略記』(島津顕彰会 1985年
史料