島津幸広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
島津 幸広
しまづ ゆきひろ
生年月日 (1956-10-19) 1956年10月19日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
出身校 静岡県立浜松工業高等学校建築科
前職 しんぶん赤旗記者
現職 党県委員会常任委員・政策委員長
所属政党 日本共産党
公式サイト しまづ幸広(日本共産党前衆議院議員)

選挙区 比例東海ブロック
当選回数 1回
在任期間 2014年12月14日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

島津 幸広(しまづ ゆきひろ、1956年10月19日 - )は日本政治家ジャーナリスト日本共産党所属の前衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

静岡県浜松市に生まれる。静岡県立浜松工業高等学校建築科に在学中民青同盟に加盟。同校3年生時に日本共産党に入党。卒業後は静岡民報やしんぶん赤旗の記者を務める[1]

1995年第17回参議院議員通常選挙静岡県選挙区より出馬するも落選。その後1998年2001年2004年[2]に行われた参議院議員選挙に同選挙区から出馬するがいずれも落選。

2013年に行われた静岡県知事選挙へ出馬するも落選。

2014年に行われた第47回衆議院議員総選挙に、比例東海ブロック単独で出馬し、初当選を果たした[3]

2017年に行われた第48回衆議院議員総選挙に、比例東海ブロック単独2位で出馬し、落選[4]

2020年1月、望月義夫の死去に伴い同年4月に投開票が行われる静岡4区補欠選挙に立候補の意向を示したが[5][6]、3月17日、元都議の田中健を野党統一候補にする事に伴い立候補を取り下げた[7]

同年7月、日本共産党は島津を次期衆議院議員総選挙の静岡1区候補者として擁立することを発表した[8]

政策[編集]

2014衆院選 毎日新聞の候補者アンケートによると

また、2017衆院選 朝日新聞の候補者アンケートによると

脚注[編集]