島津忠済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島津忠済

島津 忠済(しまづ ただなり、安政2年3月9日1855年4月25日) - 大正4年(1915年8月19日)は、明治時代華族島津久光の七男。島津忠承は長男。小松輝久は娘婿。小松揮世久は曾孫。

略歴[編集]

鹿児島生まれ[1]。妻の田津子は公卿の娘[2]

明治21年(1888年1月25日、父の死去に伴い玉里島津家家督を相続し、公爵を継承する。

宮内省宗秩寮審議官貴族院議員麝香間祗候などを務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『私の履歴書 第14集』(大山康晴 塚田公太 小島政二郎 徳川夢声 島津忠承 富安風生 高川格)日本経済新聞社 P.99
  2. ^ 『私の履歴書 第14集』(大山康晴 塚田公太 小島政二郎 徳川夢声 島津忠承 富安風生 高川格)日本経済新聞社 P.99
  3. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  4. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。
  5. ^ 『官報』第917号「叙任及辞令」1915年8月21日。


日本の爵位
先代:
島津久光
公爵
(玉里)島津家第2代
1888年 - 1915年
次代:
島津忠承