島津忠辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津忠辰
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄8年(1565年
死没 文禄2年8月27日1593年9月22日
別名 忠永、和泉又太郎
戒名 通津宗庵
官位 薩摩
主君 島津義久
氏族 島津薩州家
父母 父:島津義虎
兄弟 志岐親弘室、忠辰忠隣忠清、忠栄、
忠富、忠豊、小川有季室?

島津 忠辰(しまづ ただとき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将薩摩国島津氏の分家・薩州家7代(最後の)当主。

略伝[編集]

豊臣秀吉九州平定では肥後国方面にあり八代南方の高田(こうだ 現在の肥後高田駅近辺)を守っていたが、肥前国島原有馬晴信の裏切りによって本領出水に撤退[1]天正15年(1587年)4月、秀吉に降伏し本領を安堵された。

文禄2年(1593年)、朝鮮出兵の際には島津義弘に属して出兵することになっていたが、義弘と陣立を別にしてくれるよう秀吉に直訴。秀吉は忠辰の願いを聞き入れなかったため、やむなく義弘と共に玄界灘を渡ったものの病気と称して上陸しなかった。この忠辰の行動は秀吉の激怒をかい、同年5月1日、肥後宇土城主の小西行長に身柄を預けられ幽閉された上で改易を申し渡された(忠辰の領地は細川幽斎石田三成に分与された)。それからほどなくして、朝鮮加徳島の小西陣中にて病死した。享年28。

補注[編集]

  1. ^ 島津氏側の史料では「忠辰が勝手に秀吉に寝返ったばかりか、秀吉軍の道案内までした」と強烈に非難しているものが多い。但し、この話は同時代史料には見られず、後世に書かれた史料にしか出てこないため、信憑性は薄いとされている。