島津忠雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
島津忠雅
時代 江戸時代中期
生誕 元禄15年12月1日1703年1月17日
死没 天明4年5月15日1784年7月2日
改名 万寿丸(幼名)、忠雅
別名 忠就(別名)、又四郎(通称
戒名 仁寿院殿前加州刺吏忍斉茲照大居士
墓所 宮崎県宮崎市佐土原町の高月院
官位 従五位下、但馬守、加賀
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
日向佐土原藩
氏族 島津氏
父母 父:島津惟久
母:島津久供の娘(島津綱貴の養女)
正室:鳥居忠瞭の娘
側室:萩原氏
久智(長男)、久福(次男)、久柄、久謐(六男)、久武(七男)、久中(八男)、娘(渋谷久命室)

島津 忠雅(しまづ ただまさ)は、日向佐土原藩の第7代藩主。

生涯[編集]

元禄15年12月1日1703年1月17日)、第6代藩主・島津惟久の三男として生まれる。2人の兄が庶出だったために世子となり、享保8年5月29日1723年7月1日)、父の隠居により家督を継いだ。

宝暦3年12月11日1754年1月4日)、三男の久柄に家督を譲って隠居した。天明4年5月15日1784年7月2日)に佐土原で死去した。享年83。