島田嘉七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しまだ かしち
島田 嘉七
島田 嘉七
1920年代の写真。
本名
別名義 嵐 璃文 (あらし りぶん)
生年月日 (1895-08-14) 1895年8月14日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区神田
身長 160.9cm
職業 俳優、元女形
ジャンル 新派関西歌舞伎劇映画現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1919年 - 1935年
主な作品
『八幡屋の娘』
『嵐の舞』

島田 嘉七(しまだ かしち、1895年8月14日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7][8]。本名同じ[1][2][4]。旧芸名嵐 璃文(あらし りぶん)[1][2][3]新派旧派を経て、日活向島撮影所の新派女形となり、男役に転向後もその美貌により人気を得たスター俳優として知られる[1]

人物・来歴[編集]

1895年明治28年)8月14日東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区神田)に生まれる、とされている[1][4]。『現代俳優名鑑 東京 映畫俳優篇』(揚幕社)には、生年月日は「明治廿六年八月十九日」(1893年8月19日)、生地は東京市下谷区谷中坂町52番地(現在の台東区谷中1丁目)である旨が記されている[2]。『裸にした映画女優』の島田の項には「明治二十七年八月十四日」(1894年8月14日)、「東京の深川で生る」(深川区、現在の江東区深川地区)と記されている[9]。『一九三三年版 オール松竹俳優名鑑』の島田の項には生年月日は冒頭の通りだが、「東京京橋に出生」(京橋区、現在の中央区日本橋以外の地区)と記されている[3]。幼少時から「女の子のように可愛らしく役者の子のようだ」と言われて育つ[1]

旧制小学校を卒業し、下谷区上野西黒門町11番地(現在の台東区上野1丁目)にあった旧制・東京中学校(現在の東京高等学校)に進学したが、同校を中途退学して伊井蓉峰の一門に加入し、数え年15歳になる1909年(明治42年)に新富座で初舞台を踏む[1][2][3]。その後、初代村田正雄の一座に参加して、全国を巡業する[2]。大阪に移り、関西歌舞伎四代目嵐璃珏の一座に参加、「嵐 璃文」を名乗る[1][2][3]

1919年(大正8年)6月、日活向島撮影所に入社、満23歳にして映画俳優に転向、同年7月14日に公開された『破れ筏』(監督不明)、同年9月27日に公開された『恋の津満子』(監督小口忠)等に女形として出演する[1][3][6][7][8]。のちに男役に転向し、東猛夫衣笠貞之助五月操らの女形の相手役として、人気を得る[1]。1922年(大正11年)12月、田中栄三が監督した『京屋襟店』に出演、完成後の試写後の夜に、藤野秀夫、衣笠貞之助、荒木忍、東猛夫ら幹部俳優13名が集団退社の辞表を提出、石井常吉の計画によって国際活映(国活)に引き抜かれる事件が起きるが、島田もこれに連座し、国活に電撃的に移籍している[1][10][11]

1923年(大正12年)に発行された『現代俳優名鑑』によれば、当時、島田は同書が「生地」として掲載するのと同一の地番に父・姉とともに住み、身長は5尺3寸1分(約160.9センチメートル)、体重13貫300匁(約49.9キログラム)、常用煙草は敷島で、洋装を好み、当時の島田にとっての代表作は、『八幡屋の娘』(監督田中栄三)における「時子」役、『嵐の舞』(監督不明)における「遠山省三」役であるという[2]。同年3月、国活が製作を停止すると、同社を退社し、同年5月、京都に移り、等持院に撮影所を持つマキノ映画製作所に移籍した[1][3][6][7]。マキノ、および東亜キネマに吸収されてからも引き続き等持院撮影所では、向島時代に先輩女形であった衣笠貞之助が監督に転向し、衣笠監督・島田主演で数々の作品を生み出し、スター俳優として活躍した[1][6][7]

1925年(大正14年)春には、東京に戻って松竹蒲田撮影所に移籍、満29歳となった同年5月1日に公開された『椿咲く国』や同31日に公開された『地獄谷』(いずれも監督吉野二郎)を初めとして、1931年(昭和6年)までの間、多くの作品に主演、もしくは栗島すみ子の相手役俳優として出演した[1][3][6][7]飯田蝶子森野五郎が幹部に昇進した1927年(昭和2年)1月には、粂讓筑波雪子松井千枝子とともに準幹部に昇進した[1][12]トーキーの始まる1932年(昭和7年)以降は、脇役に回ることが増えた[1][6][7]。同年12月1日に公開された時代劇『忠臣蔵 前篇 赤穂京の巻』ならびに『忠臣蔵 後篇 江戸の巻』にも出演し、上杉綱憲を演じている[6][7]。満40歳を迎えた1935年(昭和10年)10月15日に公開されたサウンド版『永久の愛』(監督池田義信)に「医者富谷」役で出演して以降の出演記録は見当たらない[1][6][7]

1949年(昭和24年)の写真、満54歳。

戦中は大陸各地を慰問したが帰国後に罹災し、1945年(昭和20年)5月に長野県更級郡へ疎開した[13]。戦後も同地で石鹸会社に勤務していたが[13]、以降の消息は不明である[1][6][7]没年不詳

フィルモグラフィ[編集]

クレジットはすべて「出演」である[6][7]。公開日の右側には役名[6][7]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[14][15]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

日活向島撮影所[編集]

すべて製作は「日活向島撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[6][7][8]

  • 『破れ筏』 : 監督不明、1919年7月14日公開
  • 『恋の津満子』 : 監督小口忠、脚本桝本清、1919年9月27日公開
  • 『野蛮人』(『吾妻照之助』) : 監督不明、原作江見水蔭、1919年10月28日公開
  • 『女魔術師』 : 監督田中栄三、1919年製作・公開 - 奇術師 呑々斉・夫人鷹子(二役)
  • 『二世の誓』 : 監督田中栄三、1920年2月15日公開 - 夫人 園子
  • 『黒髪』(『恋の黒髪』) : 監督田中栄三、原作遅塚麗水、1920年2月29日公開 - 鶴谷澄子夫人
  • 『白鳥の歌』 : 監督田中栄三、原作長田幹彦、1920年4月2日公開 - 夫人 葉子
  • 『八幡屋の娘』 : 監督田中栄三、撮影藤原幸三郎、1920年7月4日公開 - 時子[2]
  • 『尼港最後の日』 : 監督坂田重則(阪田重則)、撮影大洞元吾、1920年8月2日公開
  • 『結婚の其夜』 : 監督若山治、1922年製作・公開
  • 『嵐の舞』 : 監督不明、1922年2月16日公開 - 遠山省三[2]
  • 『碑文谷美談』(『国の誉 碑文谷美談』[8]) : 監督不明、1922年5月15日公開
  • 『恋の墳墓』 : 監督不明、1922年6月14日公開
  • 『愛の火柱』 : 監督不明、1922年6月24日公開
  • 『永遠の謎』 : 監督若山治、原作長田幹彦、1922年10月20日公開 - 萩野芳江
  • 『緑の牧場』 : 監督若山治、原作野村愛正、1922年11月30日公開 - 倅弟 清
  • 『別れの船唄』 : 監督鈴木謙作、1922年12月10日公開 - 大原哲也
  • 『愛の泉』 : 監督若山治、撮影大洞元吾、1922年12月17日公開 - その倅・謹一
  • 京屋襟店』 : 監督田中栄三、撮影大洞元吾、1922年12月30日公開 - 京屋の中番頭梅吉
  • 『涙の家』 : 監督若山治、1923年2月18日公開
  • 『露子の一念』 : 監督鈴木謙作、製作日活京都撮影所[6](日活向島撮影所[7][8])、配給日活、1923年4月11日公開

国活巣鴨撮影所[編集]

1923年(大正12年)の写真、満27歳。

すべて製作は「国活巣鴨撮影所」、配給は「国際活映」、すべてサイレント映画である[6][7]

  • 『鷲津村の娘』 : 監督坂田重則、1922年12月31日公開
  • 『老僧の恋』 : 監督坂田重則、1923年1月21日公開
  • 『若き妻の死』 : 監督坂田重則、1923年2月1日公開
  • 『父の罪』 : 監督村田実、1923年2月22日公開
  • 『愛情の極み』 : 監督坂田重則、1923年3月13日公開

マキノ等持院撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「マキノ等持院撮影所」、配給は「マキノ映画製作所」、すべてサイレント映画である[6][7]

  • 『二羽の小鳥』 : 監督衣笠貞之助、1923年6月1日公開 - 主演
  • 『人生を視めて』 : 監督衣笠貞之助、1923年7月3日公開
  • 『燕の歌』 : 監督衣笠貞之助、1923年7月26日公開 - 主演
  • 『大自然』 : 監督金森万象、1923年8月8日公開 - 隻脚の画家(主演
  • 『人の振り見て』 : 監督長尾史録、1923年8月16日公開 - 主演
  • 『金色夜叉 宮の巻』 : 監督衣笠貞之助、1923年8月30日公開
  • 『魔の池』 : 監督衣笠貞之助、1923年10月26日公開 - 主演
  • 『咽び泣く魂』 : 監督金森万象、1923年11月15日公開 - 主演
  • 『凋落の彼方へ』 : 監督衣笠貞之助、1923年11月23日公開 - 主演
  • 『迷宮の鍵』 : 監督井上金太郎、1923年12月21日公開
  • 『青春の悲歌』 : 監督金森万象、1923年12月31日公開 - 主演
  • 『祇園情話 蕾のまゝ』(『祇園夜話』[7]) : 監督金森万象、1923年12月31日公開 - 主演
  • 『妻の秘密』 : 監督衣笠貞之助、1924年1月7日公開 - 主演
  • 彼女の運命 前篇』 : 監督衣笠貞之助、1924年1月7日公開
  • 彼女の運命 後篇』 : 監督衣笠貞之助、1924年2月1日公開 - 岩友辰夫
  • 『武悪の面』 : 監督二川文太郎、1924年2月8日公開 - 弟子美作
  • 『旅愁』 : 監督金森万象、1924年2月22日公開 - 主演
  • 『悲しき曙光』 : 監督井上金太郎、1924年2月29日公開 - 桜井京二
  • 『桐の雨』 : 監督衣笠貞之助、1924年3月28日公開 - 若旦那正次郎
  • 『寂しき村』 : 監督衣笠貞之助、1924年4月3日公開 - 主演
  • 『情熱の火』 : 監督二川文太郎、1924年4月25日公開 - 清川源之助
  • 『祇園の春 散り行く花』 : 監督金森万象、1924年5月2日公開
  • 『無名の愛』(『無明の愛』[7]) : 監督井上金太郎、1924年6月13日公開 - 土屋医学士(主演

東亜等持院撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「東亜等持院撮影所」、配給は「東亜キネマ」、すべてサイレント映画である[6][7]

  • 『宵夜町心中』(『心中宵夜町』[7]) : 監督二川文太郎、1924年7月11日公開 - 手代六三郎
  • 『歓楽の贅』 : 監督沼田紅緑、1924年7月24日公開 - 橋立侍従(主演
  • 『恋とはなりぬ』 : 監督衣笠貞之助、1924年9月19日公開
  • 『足』 : 監督衣笠貞之助、1924年10月1日公開 - 主演
  • 『恋慕小唄』(『小豆島情話』) : 監督山本嘉次郎、製作東亜キネマ甲陽撮影所、1924年10月23日公開

国活巣鴨撮影所[編集]

1925年(大正14年)の写真、満29歳。

すべて製作は「国活巣鴨撮影所」、配給は「国際活映」、すべてサイレント映画である[6][7]

  • 『延命院の傴僂男』 : 監督内田吐夢、1925年1月1日公開 - 甲子蔵(主演
  • 『戦争』 : 監督村越章二(村越章二郎)・内田吐夢、1925年1月4日公開 - 次男正勝
  • 『義血』 : 監督内田吐夢、1925年2月6日公開 - 主演

松竹蒲田撮影所[編集]

『受難華』(1926年)公開時のポスター。島田の写真と名が確認できる。
1933年(昭和8年)の写真、満37歳。

特筆以外すべて製作は「松竹蒲田撮影所」、配給は「松竹キネマ」、特筆以外はすべてサイレント映画である[6][7]

  • 『椿咲く国』 : 監督吉野二郎、1925年5月1日公開
  • 『地獄谷』 : 監督吉野二郎、1925年5月31日公開 - 主演
  • 『祖国』 : 監督島津保次郎、1925年6月26日公開
  • 『夕立勘五郎』 : 監督吉野二郎、1925年7月22日公開
  • 『男ごゝろ』(『男ごころ』[7]) : 監督五所平之助、1925年8月21日公開 - 主演
  • 『海の誘惑』 : 監督池田義信(池田義臣)、1925年8月27日公開
  • 『象牙の搭』第一篇『或る夏の夜の夢』[6][7]: 監督牛原虚彦、1925年9月18日公開 - 見知らぬ青年
  • 『豊情歌』 : 監督牛原虚彦、1925年9月26日公開
  • 『村正小町』 : 監督重宗務、1925年10月1日公開
  • 『恋妻』(『愛妻』[7]) : 監督池田義信、1925年10月15日公開
  • 『艶説蟻地獄』(『蟻地獄』[7]) : 監督大久保忠素、1925年10月23日公開 - あとの男
  • 『寂しき路』 : 監督池田義信、1925年11月20日公開 - 風間実(画家)
  • 『征服者』 : 監督牛原虚彦、1925年12月1日公開
  • 『正ちゃんの蒲田訪問』 : 監督蔦見丈夫、1925年12月31日公開
  • 『毀れた人形』 : 監督池田義信、1926年1月14日公開
  • 『お初吉之助』 : 監督重宗務、1926年1月21日公開
  • 『小夜子』 : 監督池田義信、1926年2月20日公開
  • 『若き女の死』 : 監督重宗務、1926年3月12日公開
  • 『女坂崎』 : 監督重宗務、1926年4月30日公開
  • 『秋の歌』 : 監督池田義信、1926年7月15日公開
  • 『チンピラ探偵』 : 監督大久保忠素、1926年8月8日公開
  • 『美しき祷』(『美しき禱り』[7]) : 監督池田義信、1926年10月5日公開
  • 『嘆きの薔薇』 : 監督清水宏、1926年10月26日公開 - 甥・河原敏夫
  • 『愚かなる母』 : 監督池田義信、1926年12月1日公開
  • 『受難華』[7](『受難草』[6]) : 監督牛原虚彦[7](重宗務[6])、1926年12月12日公開
  • 『妖婦五人女 第四篇 奥様お千枝』 : 監督池田義信、1926年12月31日公開
  • 『妖婦五人女 第五篇 令嬢おすみ』 : 監督池田義信、1926年12月31日公開
  • 『埋れたる青春』 : 監督池田義信、1926年製作・公開
  • 『恋の別れ路』 : 監督池田義信、1927年1月29日公開
  • 『緋紗子の話』 : 監督池田義信、1927年3月4日公開
  • 真珠夫人』 : 監督池田義信、1927年5月26日公開
  • 『親爺教育』 : 監督蔦見丈夫、1927年9月24日公開
  • 『玉を抛つ』(『珠を抛つ』[7]) : 監督池田義信、1927年10月21日公開
  • 『恋模様二人娘』 : 監督重宗務、1927年12月1日公開
  • 『美女と秘密』(『美女の秘密』[7]) : 監督島津保次郎、1927年12月23日公開
  • 『親心子心』 : 監督池田義信、1927年製作・公開 - 主演
  • 『姑花嫁奮戦記』 : 監督島津保次郎、1928年1月15日公開 - 主演
  • 『天国の人』 : 監督野村芳亭、1928年1月27日公開
  • 『弱き人々』 : 監督島津保次郎、1928年2月10日公開 - 主演
  • 『深夜のお客』 : 監督島津保次郎、1928年3月23日公開
  • 『裏からおいで』 : 監督島津保次郎、1928年4月22日公開
  • 『夫婦』 : 監督池田義信、1928年6月29日公開 - 主演
  • 『恋のキャンプ』 : 監督野村芳亭、1928年8月3日公開
  • 『夏の日の恋』 : 監督野村芳亭、1928年8月31日公開
  • 『愛人 時枝の巻』 : 監督池田義信、1929年1月15日公開
  • 『春容恋達引』 : 監督重宗務、1929年2月15日公開 - 孝二
  • 『君恋し』 : 監督島津保次郎、1929年3月2日公開 - 主演
  • 『春の唄』 : 監督島津保次郎、1929年4月27日公開 - 主演
  • 『浮世小路』 : 監督池田義信、1929年5月3日公開
  • 『多情仏心』 : 監督島津保次郎、1929年7月19日公開 - 主演
  • 『浪花小唄』 : 監督重宗務、1929年8月8日公開
  • 『美人は黒い』 : 監督島津保次郎、1929年8月23日公開 - 高田良一(主演
  • 『恋慕小唄』 : 監督清水宏、1929年11月8日公開 - 保険勧誘員・佐野
  • 『母』 : 監督野村芳亭、1929年12月1日公開 - 主演
  • 『レヴューの姉妹』(『レヴュー姉妹』[7]) : 監督島津保次郎、1930年1月10日公開 - 富豪の長男渡謙一
  • 『新編 愛恋序曲』(『愛恋序曲』[7]) : 監督重宗務、1930年1月27日公開
  • 『現代奥様気質』 : 監督重宗務、1930年2月1日公開 - 主演
  • 『姉妹篇 母』 : 監督野村芳亭、1930年6月26日公開 - 病院長村田俊雄
  • 『ザッツ・オー・ケー いゝのね誓ってね』 : 監督島津保次郎、1930年9月26日公開
  • 『夜ひらく』 : 監督五所平之助、1931年3月6日公開
  • 『壊け行く珠』 : 監督野村芳亭、1931年3月14日公開
  • 『有憂華』 : 監督清水宏、1931年4月3日公開 - 息時雄
  • 『愛の闘ひ』 : 監督島津保次郎、1931年6月6日公開
  • 『新四ツ谷怪談』 : 監督野村芳亭、サウンド・部分発声版、1932年7月29日公開
  • 忠臣蔵 前篇 赤穂京の巻』 : 監督衣笠貞之助、製作松竹下加茂撮影所トーキー、1932年12月1日公開 - 上杉綱憲
  • 忠臣蔵 後篇 江戸の巻』 : 監督衣笠貞之助、製作松竹下加茂撮影所、トーキー、1932年12月1日公開 - 上杉綱憲
  • 『ラッパと娘』 : 監督島津保次郎、トーキー、1933年12月14日公開
  • 『永久の愛 前篇』 : 監督池田義信、サウンド版、1935年10月15日公開 - 医者富谷
  • 『永久の愛 後篇』 : 監督池田義信、サウンド版、1935年10月15日公開 - 医者富谷

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r キネマ旬報社[1979], p.272-273.
  2. ^ a b c d e f g h i j 揚幕社[1923], p.38-39.
  3. ^ a b c d e f g h 蒲田[1933], p.73.
  4. ^ a b c 映画世界社[1934], p.143.
  5. ^ 島田嘉七jlogos.com, エア、2013年3月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 島田嘉七日本映画データベース、2013年3月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 島田嘉七、日本映画情報システム、文化庁、2013年3月25日閲覧。
  8. ^ a b c d e 島田嘉七日活データベース、2013年3月25日閲覧。
  9. ^ 泉沢[1925], p.195-197.
  10. ^ 田中[1975], p.363-366.
  11. ^ 佐相[2001], p.106.
  12. ^ 松竹[1985], p.238.
  13. ^ a b アサヒグラフ』 1949年6月1日号。
  14. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月25日閲覧。
  15. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年3月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『現代俳優名鑑 東京 映畫俳優篇』、揚幕社、1923年
  • 『裸にした映画女優』、泉沢悟朗、日本映画研究会、1925年
  • 『春駒日記』、森光子、文化生活研究会、1927年
  • 『一九三三年版 オール松竹俳優名鑑』、『蒲田』第12巻第5号別冊付録、蒲田雑誌社、1933年5月1日
  • 『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』、映画世界社、1934年
  • 日本映画発達史 I 活動写真時代』、田中純一郎中公文庫、1975年11月25日 ISBN 4122002850
  • 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年10月23日
  • 『松竹九十年史』、松竹、1985年12月
  • 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年11月 ISBN 4816915133
  • 『日本映画人名事典 男優編』、キネマ旬報社、1996年10月 ISBN 4873761883
  • 『溝口健二・全作品解説 1 1923年・日活向島時代』、佐相勉、近代文芸社、2001年10月 ISBN 4773368152

関連項目[編集]