島田重次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
島田重次
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文14年(1545年
死没 寛永14年9月17日1637年11月3日
別名 次郎兵衛、次兵衛、治兵衛(仮名)、伊伯(法名、以栢とも記される)
墓所 埼玉県坂戸市の永源寺
主君 徳川家康秀忠
氏族 島田氏
父母 父:島田利秀、母:土屋重信(重俊)の娘
多田慶忠の娘
春世、成重直時、利氏、利正

島田 重次(しまだ しげつぐ)は江戸時代初期の旗本

人物[編集]

三河国矢作庄の国人、島田利秀の子。はじめ徳川家康に仕え、のち徳川秀忠の旗奉行・代官となった。

家系[編集]

島田氏は美濃国守護の一族であった土岐満貞を祖とする。三河国嶋田(現愛知県新城市付近)に住して後、「島田」を称した。最初に島田の地に住した一族は衰退するが、島田氏の名跡は他の土岐氏一族により継がれ、三河国矢作庄にて一定の勢力を得ていた。

生涯[編集]

重次の祖父にあたる十兵衛の代に勢力を拡大した松平広忠の家臣となった。父島田右京亮利秀も同じく広忠・家康の使番として仕えた。三方ヶ原の戦いでは浜松城の留守居役を務めている。父と同じく御使番として鉄砲足軽二十名を預けられ、さらに三十名を加えられた。のちに秀忠に附けられ、大坂の陣では旗奉行に任ぜられた。遠江国にて二千石を得てのち関東入府後は武蔵国入間郡坂戸に遷され、主に五男の利正と共に代官としての活動が見られる。伊奈忠次に属して関東総検地を実施、その他にも干害対策のために上総国山辺郡(現在の千葉県東金市)に雄蛇ヶ池という溜め池を造る指揮を取るなど活躍した。奥州の大名相馬義胤とは旧縁があり、義胤、利胤(当時は密胤)親子らによる関ヶ原の合戦後の相馬家存続運動に関係し、利胤を本多正信に紹介している。

文禄元年(1592年)、所領の坂戸に菩提寺として長溪山永源寺を建立している。