島田陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島田 陽(しまだ よう、1936年1月27日 - )は、日本のロシア文学者、元東京大学教授。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。徳島県立城南高等学校から、1960年北海道大学文学部露文科卒、1967年早稲田大学大学院露文修士課程修了、1970年から1971年までモスクワ大学に留学。1975年東大教養学部助教授、1988年教授、1996年定年退官。東京国際大学教授。

プーシキンなどロシア詩とプラトーノフを専門とした。

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 日本渡航記 ゴンチャローフ 高野明共訳 雄松堂書店 新異国叢書 1969/講談社学術文庫 2008
  • 文学の屈従 ソビエト・ロシア文学史(1917-62) M.ヘイワード、L.ラベッツ編 高野雅之共訳 国文社 1972
  • デカブリスト物語 ユーリイ・トゥイニャーノフ 20世紀のロシア小説 白水社 1973
  • あかいカリーナ ワシーリイ・シュクシーン 恒文社 1979.7
  • プーシキンとの散歩 アンドレイ・シニャーフスキイ 群像社 2001.6 (ロシア作家案内シリーズ)