島田陽子 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島田 陽子(しまだ ようこ、1929年6月7日 - 2011年4月18日[1])は、日本の詩人

人物[編集]

東京府出身であるが、11歳から大阪府に在住した。豊中高等女学校(現大阪府立桜塚高等学校)卒業。「文章倶楽部」などで小説を書いた後、1960年頃から童謡や児童詩の創作を始める。大阪弁を使った親しみやすい作風の詩で知られる。

また、合唱曲歌謡曲などの作詞も多数あり、ザ・ワイルドワンズのヒット曲『花のヤングタウン』、1970年の大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」の作詞も行っている。

日本文藝家協会日本現代詩人会日本詩人クラブ日本童謡協会、詩と音楽の会、関西詩人協会会員。日本現代詩歌文学館評議員。1993年には、第28回大阪市民表彰(文化功労)を受賞。また、2003年まで帝塚山学院大学で講師を務めた。

2011年4月18日、すい臓がんのため大阪府豊中市の病院で死去した。81歳没[1]

著作[編集]

詩集[編集]

  • 新・日本現代詩文庫・新編島田陽子詩集 ISBN 978-4812013663
  • 大阪ことばあそびうた ISBN 978-4892710070
  • ほんまにほんま(共著)
  • かさなりあって ISBN 978-4477010595
  • うち知ってんねん ISBN 978-4316400075
  • 帯に恨みは ISBN 978-4892715723

エッセイ[編集]

  • うたと遊べば
  • 金子みすゞへの旅
  • 方言詩の世界‐ことば遊びを中心に ISBN 978-4916041845

作詞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]