島田陽 (建築家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

島田 陽(しまだ よう[4]、1972年- )は、日本の建築家[5]兵庫県神戸市生まれ[6]。タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所を主宰。京都造形芸術大学客員教授。兵庫県を拠点に活動[7]

受賞[編集]

1994年、第4回ジャパンアートスカラシップ入賞。 2004年、第1回木質建築空間デザインコンテスト優秀賞[8]。 2010年、関西電力かんでん住まいの設計コンテスト優秀賞。 2011年、高架下アートプロジェクト 入選。 2013年、Asia Pacific Property Award Architecture Single Residence Highly Commended。 2013年、LIXILデザインコンテスト2012金賞[9]。 2013年、第29回吉岡賞。 2016年、第1回日本建築設計学会賞大賞。 2016年、House of the Year Award, AIA Brisbane Regional Awards。 State Award, AIA Queensland Architecture Awards。 National Commendation,AIA National Architecture Awards。

経歴[編集]

1995年、京都市立芸術大学環境デザイン科卒業[10]卒業制作は避難住宅のセルフビルドで京都市長賞。1997年同大学大学院修士課程修了。 1997年、タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所設立[11]昭和女子大学神戸大学神戸芸術工科大学広島工業大学大阪市立大学等で非常勤講師

著書[編集]

著書に『7iP #04 YO SHIMADA』(2012年、ニューハウス出版)、『現代建築家コンセプトシリーズ22/日常の設計の日常』 (2016年、LIXIL出版)[12]など。

主な作品[編集]

1996年「東大阪の住居」[1]

2002年「西脇の集会所」

2006年「塩屋町の住居」[2]

白楽 SENSUOUS[13]

2010年「比叡平の住居」[3]

2010年「二子新地の住居」

2016 The Blend Inn[14]

2010年「友田邸」[15]

2011年「六甲の住居」

2012年「山崎町の住居」

2012年「伊丹の住居」[16]

2013年「おおきな曲面のある小屋」[4]

2013年「山崎町の住居」(Asia Pacific Property Award Architecture Single Residence Highly Commended)

2013年「川西の住居」[5]

2013年「I邸」[6][7]

「豊中の住居」[8]

2014年「石切の住居」[9][10]

2016年「月見山の住居」[11]

2017年「宮本町の住居」[17]

2017年「防府の住居と事務所」[12]

2017年「園部の住居」[13]

2019年「滝山の住居」[14][18]

「タトハウス・北野町の住居2」[15]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 『狭小住宅 Part2』(ワールドフォトプレス)
  2. ^ [2] 『新建築 住宅特集』(新建築社、2009年7月号
  3. ^ [3]『TOTO通信』2013年新春号
  4. ^ 『新建築』2013年6月号
  5. ^ 『新建築住宅特集』2014年1月号
  6. ^ pen with new attitude No.348 2013年11/15
  7. ^ BRUTUS 807 2015年9月1日号
  8. ^ GA HOUSES』136
  9. ^ 『GA HOUSES』134 『CASA BRUTUS』2014年2月号  『MARK MAGAZINE』no.47 『pen』No.348
  10. ^ 新建築住宅特集 326 2013年6月号
  11. ^ 島田?陽 タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所|月見山の住居
  12. ^ 住宅特集2017年10月号
  13. ^ https://www.youtube.com/watch?v=USmEbibnC8U
  14. ^ 住宅特集 2019年7月号
  15. ^ https://jp.toto.com/tsushin/2015_newyear/feature4_1.htm