崇徳可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

崇徳可汗(すうとくかがん、拼音:Chóngdékĕhàn、? - 824年)は、回鶻可汗国の第10代可汗[1]。名は不明。可汗号はキュン・テングリデ・ウルグ・ボルミシュ・キュチュリュグ・ビルゲ・カガン(Kün täŋridä uluγ bolmiš küčlüg bilgä qaγan)[2]といい、より崇徳可汗の称号(美称)を加えられた。

生涯[編集]

長慶元年(821年)2月、保義可汗薨去したので、穆宗は使者を送って弔問させ、4月に新たな回鶻君長を冊立して登里羅羽録没蜜施句主禄毘伽可汗とした。保義可汗は生前、何度も憲宗に請婚をしたが、ことごとく断られ、ついに唐の辺境を侵すようになった。穆宗の代になってようやく許しが出たが、保義可汗はこの世を去ってしまう。そこで穆宗は皇妹である太和公主を崇徳可汗に出嫁することにし、5月、崇徳可汗は回鶻宰相の伊難珠と句録,都督の思結,葉護公主,摩尼(マニ僧)ら573人を唐に入朝させて太和公主を迎えるとともに、葉護公主を穆宗に娶らせた。

長慶2年(822年)2月、唐は回鶻に馬価絹(ばかけん)[3]5万匹を賜う。3月、さらに馬価絹7万匹を賜う。この月、唐の裴度幽州鎮州の乱鎮圧に回鶻を招こうと考え、回鶻の方でも反乱鎮圧に協力することを請願した。しかし、朝廷は宝応元年(762年)の史朝義討伐(安史の乱)の事[4]を思い起こし、回鶻には参加させないことを決めた。この決定がすぐに回鶻に伝えられるが、気の早い回鶻軍はすでに豊州の北界まできており、命令を聞かされても引き返そうとはしなかった。そこで穆宗はで繒帛7万匹を回鶻に賜うことによって彼らを帰らせた。閏10月、太和公主は金吾大将軍の胡証らに護衛されて回鶻可汗国に到着した。太和公主は早速、崇徳可汗と面会し、回鶻風の儀式を受けて回鶻可敦(ウイグル・カトゥン:皇后)に即位した。崇徳可汗はこの御返しとして唐に遣使を送り、国信4床・女6人・葛邏禄(カルルク)捕虜4人を献上した。

敬宗即位の年(824年)、崇徳可汗が死ぬと、その弟の曷薩特勒[5]が立って可汗に即位した。翌年の宝暦元年(825年)5月、唐は新可汗を冊立して愛登里羅汨没蜜施合毘伽昭礼可汗とした。

可敦(カトゥン:皇后)[編集]

  • 仁孝端麗明智上寿可敦(太和公主)…憲宗の娘で、穆宗の10番目の妹。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によっては第9代となっている。
  2. ^ 「日天の聖霊より福を授かりし有力にして賢明なるカガン」の意。
  3. ^ いわゆる「絹馬貿易」によって唐がと引き換えに回鶻へ渡す絹織物。回鶻はここで得た絹織物をさらにソグド人を介してシルクロード貿易に使い、西方のガラス製品や絨毯(じゅうたん),壁掛け,香辛料などを手に入れていた。
  4. ^ 回紇軍が東京(洛陽)に来ると、彼らは賊が平定されたことを理由に、ほしいままに残忍な振る舞いをしたので、男女はこれを恐れて、みな洛陽の聖善寺と白馬寺の2閣へ登って避難した。回紇軍は火を放って2つの寺を焼き払ったので、死者は1万人を数え、数10日間も火焔はやまなかった。こういうことがあったが、このときに回紇は朝賀して、思うままに官吏を侮辱して痛めつけた。そこで朝廷は陝州節度使の郭英乂を臨時に東都の留守番に任命した。そのときに東都は再び賊(史朝義軍)の侵略を受けたが、朔方軍および郭英乂、魚朝恩らの軍隊は暴動を禁止することができず、回紇軍とともにほしいままに城中および汝州鄭州などを掠奪し、立ち並ぶ家屋は焼き尽くされ、その結果、人々はことごとく紙で衣服を作り、なかには経典の紙を衣服にする者もあったという。
  5. ^ 特勒(テギン、Tägin)とは、突厥や回紇における皇太子もしくは王子に与えられる称号

参考資料[編集]

  • 旧唐書』(本紀第十六 穆宗、本紀第十七上 敬宗・文宗上、列伝第一百四十五 迴紇)
  • 新唐書』(列伝第一百四十二下 回鶻下)
先代:
保義可汗
回鶻可汗国の可汗
第10代:821年 - 824年
次代:
昭礼可汗