崔寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

崔 寛(さい かん、410年 - 472年)は、北魏官僚は景仁。本貫清河郡東武城県

経歴[編集]

崔剖の子として生まれた。父とともに北涼から北魏に帰順し、威遠将軍・岐陽県令となり、沂水男の爵位を受けた。平城に入り、散騎侍郎・寧朔将軍に任じられ、安国子の爵位に進んだ。しばらくして弘農郡太守として出向した。450年太平真君11年)、崔浩が処刑されたが、崔寛は一族としては遠い関係にあったため、連座を免れた。武城に移住して、曹魏崔林の住居跡に居を構えた。後に武陵公の爵位を嗣ぎ、鎮西将軍の号を受け、陝城鎮将に任じられた。能政と呼ばれて、民衆に慕われ、孝文帝にも賞賛された。472年延興2年)、死去した。享年は63。

子女[編集]

伝記資料[編集]