崔弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

崔 弁(崔辯、さい べん、424年 - 485年)は、北魏官僚学者は神通。本貫博陵郡安平県崔挺崔振の従兄。

経歴[編集]

崔経(崔琨の子)の子として生まれた。経書史書を渉猟して学び、その行儀作法は端正であった。献文帝に召されて中書博士に任じられた。後に散騎侍郎・平遠将軍・武邑郡太守に転じた。政務のかたわらに学問を推奨することにつとめた。485年太和9年)、平城で死去した。享年は62。安南将軍・定州刺史の位を追贈された。は恭といった。

子女[編集]

  • 崔賓媛(李叔胤(李璨の子)の妻)
  • 崔逸(長子、もとの名は景雋、中書博士、侍御史主文中散、員外散騎侍郎、国子博士、通直散騎常侍・廷尉少卿)
  • 崔模
  • 崔楷
  • 崔蘭賓(盧洪(盧柔の祖父)の妻)
  • 崔叔蘭(邢巒の妻)
  • 崔芷蘭(李憑(李霊の子の李恢の子)の妻)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻56 列伝第44
  • 北史』巻32 列伝第20
  • 魏故南趙郡太守李府君夫人崔氏墓誌銘(崔賓媛墓誌)