崔東原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
崔 東原(チェ・ドンウォン)
Choi Dong-won
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 釜山広域市
生年月日 (1958-05-24) 1958年5月24日
没年月日 (2011-09-14) 2011年9月14日(53歳没)
身長
体重
179 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年
初出場 1983年
最終出場 1990年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
崔東原
各種表記
ハングル 최동원
漢字 崔東原
発音: チェ・ドンウォン
ローマ字 Choi Dong-won
テンプレートを表示

崔 東原(チェ・ドンウォン、1958年5月24日 - 2011年9月14日 )は大韓民国釜山広域市出身の元野球選手(投手)。ロッテ・ジャイアンツ唯一の永久欠番(11)選手。韓国野球のレジェンドとされる。ニックネームは鉄腕。140km/h台を超える速球と優れた球のコントロールで有名。

来歴[編集]

釜山の野球名門高校であった慶南高等学校に入学した。高校2年生の時、青龍旗全国高校野球選手権大会(日本の甲子園大会に相当)に出場し、大丘の強豪、慶北高校相手にノーヒットノーランを記録。その年の優勝校である善隣高校に対しては8回までノーヒットノーランを記録し話題になった。高校3年生の時は、靑龍旗大会の決勝戦で9回20奪三振で完封勝をあげ、MVPとなった。

1981年、韓国の野球史上初めてメジャーリーグからオファー(トロント・ブルージェイズ)を受けたが、兵役を終えていなかったため、メジャー入りを諦めさせられた[1]

1982年までアマチュア選手として活動した。

1983年、当時26歳で、釜山を縁故にしたロッテ・ジャイアンツに入団した。1年目は9勝16敗と大きく負け越した。

1984年、入団2年目は51試合に登板、27勝13敗、6セーブ、14完投、223奪三振、防御率2.40を記録し、最優秀選手に選ばれる。同年の韓国シリーズでは5試合に登板、4勝を挙げる活躍をみせてチームを初優勝に導き、「鉄腕」と呼ばれるようになった(韓国シリーズの4勝は唯一の記録である)。

1987年まで、四年連続二桁勝利をあげた。

1988年、プロ野球選手の待遇改善のため、自ら選手協会をつくり活動した。ヘテタイガーズの投手キム・デヒョンが不意の事故で死んだが、球団から何の援助も受けず、家族が経済難に陥っていることに驚いたという。当時、年俸トップの彼が選手協会を作り、選手たちの待遇の改善のために砕身したのは異例のことであった。これには反発も多く、韓国プロ野球連盟からは選手としての引退勧告を受けるなどした。

1989年サムソンライオンズに移籍したがあまり活躍できず、翌1990年32歳で引退した。

1991年にアメリカに渡り、指導者研修を受けた。

2001年ハンファ・イーグルスの投手コーチに就任したが1シーズンで退任。

2005年にコーチ復帰、二軍監督も務めた。

2011年9月14日、大腸がんのため死去[2]。同年9月30日、ロッテ時代に着けていた背番号11ロッテ・ジャイアンツの永久欠番となった。2015年3月28日、ロッテ・ジャイアンツのシーズン開幕戦で崔東源の母親が始球式を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]







































W
H
I
P
1983

38 9 16 2.89 4 16 1 208.2 202 89 67 17 59 148 6.38 1.21
1984 51 27 18 2.40 6 14 1 284.2 229 91 76 18 82 223 7.05 1.04
1985 42 20 9 1.92 8 14 4 225 170 60 48 7 49 161 6.44 0.94
1986 39 19 14 1.55 2 17 4 267 204 60 46 7 61 208 7.01 0.97
1987 32 14 12 2.81 2 15 4 224 218 80 70 6 68 163 6.55 1.25
1988 16 7 3 2.05 3 3 1 83.1 77 24 19 4 25 83 8.96 1.21
1989
8 1 2 2.10 0 0 0 30 36 12 7 2 19 9 2.70 1.80
1990 22 6 5 5.28 1 2 0 92 113 62 54 9 56 24 2.35 1.82
通 算 248 103 74 2.46 26 81 15 1414.2 1249 478 387 70 421 1019 6.48 1.15
  • 太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

  • 最多勝利:1回(1984年)
  • 最多奪三振:2回(1984年、1987年)
  • MVP:1回(1984年)
  • ゴールデングラブ賞:1回(1984年)

脚注[編集]