崔漸煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
崔 漸煥
基本情報
本名 Wandee Jum Hwan Choi
通称 Wandee
階級 ライトフライ級
国籍 韓国の旗 韓国
誕生日 (1963-06-09) 1963年6月9日(53歳)
出身地 大韓民国
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 20
KO勝ち 8
敗け 3
テンプレートを表示

崔 漸煥(チェ・ジョムファン、朝鮮語: 최점환英語: Jum Hwan Choi1963年6月9日 - )は、大韓民国出身の元男子プロボクサー。現役時代には国際ボクシング連盟 (IBF)世界ライトフライ級世界ボクシング評議会 (WBC)世界ミニマム級両王座を獲得、2階級制覇を達成した。

日本語文献では「チェ・ジュンファン」とも表記される[1]

来歴[編集]

1983年3月13日、プロデビュー。

1984年5月13日、11戦目で韓国ライトフライ級王座獲得。

同年11月16日、無敗のまま13戦目で世界初挑戦。IBF世界ライトフライ級王者ドディ・ボーイ・ペニャロサフィリピン)に挑み、15回判定負け。プロ初敗北を喫する。

1986年12月7日、世界再挑戦。ペニャロサが返上して空位となったIBF世界ライトフライ級王座を同じ韓国人の朴照雲と争い、15回判定勝ち。16戦目で世界王者を獲得するく。その後、3度の防衛に成功、そのうち一度は松田利彦に4RKO。

1988年11月5日、4度目の防衛戦でタシー・マカロス(フィリピン)に15回判定負けを喫し、王座陥落。その後、1年間試合から遠ざかる。

1989年11月12日、1階級下のWBC世界ミニマム級王者ナパ・キャットワンチャイタイ)に挑んだ世界タイトル挑戦試合が再起戦となり、最終ラウンド12回でTKO勝利。2階級制覇を達成する。

1990年2月7日、初防衛戦。後楽園ホール大橋秀行と対戦し、9回KO負け。王座から陥落し、この試合を最後に現役を引退。

関連項目[編集]

脚注[編集]

IBF世界ライトフライ級王者
表示
在位期間
ドディ・ボーイ・ペニャロサ 1986年12月7日 - 1988年11月5日 タシー・マカロス
WBC世界ミニマム級王者
表示
在位期間
ナパ・キャットワンチャイ 1989年11月12日 - 1990年2月7日 大橋秀行