嵐を呼ぶ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

嵐を呼ぶ男』(あらしをよぶおとこ)は、1957年に公開された石原裕次郎主演の日本映画。石原裕次郎の代表作の一つ。その後も、主演渡哲也1966年)、近藤真彦1983年)によってリメイクされている。北原三枝演じるヒロインの女帝マネージャーのモデルは当時女性マネージャーのはしりとして注目を集めていた渡辺美佐である。主題歌も裕次郎自らが歌い、彼にとっての最初のヒット曲となり、独特の歌い方が今日でもものまねの対象になっている。

1957年版[編集]

あらすじ[編集]

ジャズバンドのプロモーター福島美弥子は、ある夜、音楽大学の学生国分英次から兄の国分正一をドラマーとして売り込まれる。人気ドラマーのチャーリー・桜田が急に仕事を休んだため、美弥子は喧嘩して留置所に入っている正一の身元引受人になり、ステージに出す。チャーリーが持永の事務所に移籍したため、美弥子は正一を自宅に住まわせ、兄の福島慎介と新バンドでデビューさせる。音楽評論家の左京徹は正一に、美弥子との仲を取り持ってくれるなら正一を宣伝すると取引する。

左京はテレビで正一を持ち上げ、正一とチャーリーのドラム対決公演を提案。だがその前日、正一は持永の子分と喧嘩し、左手を怪我してしまう。翌日の公演では、チャーリーの演奏が優位であったが、正一は右手でドラムを叩きながら歌い、観客の喝采を浴びる。ジャズミュージシャンとして売れっ子になった正一は、やがて美弥子と結ばれる。弟の英次も自作曲がリサイタルで演奏されることが決まる。

左京は約束を守るよう正一に迫る。正一は美弥子の元を去り、母・貞代のアパートに戻るが、英次は大家の娘島みどりと婚約したと聞かされ、追い返される。行き場を失った正一はダンサーのメリー・丘の元に身を寄せるが、持永の逆鱗に触れ、子分たちに襲撃され、左手をつぶされる。正一は行方をくらまし、英次のリサイタルの日を迎える。いきつけのバーでラジオから流れる英次の曲を聞いていた正一を美弥子たちは探し当てる。音楽活動に反対していた貞代もようやく正一を認め、母子は和解する。

データ[編集]

1957年12月28日公開。

  • 配給:日活
  • 配給収入:3億4880万円[1]
  • 観客動員数:約594万人

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 福島美弥子:北原三枝
  • 国分正一:石原裕次郎
  • 国分英次:青山恭二
  • 島みどり:芦川いづみ
  • メリー・丘:白木マリ(白木万理
  • 福島慎介:岡田眞澄
  • 左京徹:金子信雄
  • チャーリー・桜田:笈田敏夫
  • 国分貞代:小夜福子
  • 福島愛子:高野由美
  • 大熊教授:汐見洋
  • 持永:安部徹
  • 種田:冬木京三
  • 有馬時子:天路圭子
  • 健:高品格
  • 島善三:山田禅二
  • マネージャー滝:三島謙
  • バーテン矢野:山田周平
  • 持永の手下:峰三平
  • 留置場の警官:紀原耕(紀原土耕)
  • 持永の手下:八代康二
  • 吉田:柳瀬志郎
  • 持永の手下:光沢でんすけ(光でんすけ)、榎木兵衛
  • 凡太郎:小柴隆(小柴尋詩)
  • 深江章喜
  • 留置場のオカマ:高野誠二郎
  • 持永の手下:近江大介
  • ボーイ:阪井一郎(阪井幸一朗)
  • バーテン矢野:寺尾克彦
  • 長谷:二階堂郁夫
  • 留置場の男:柴田新(柴田新三)
  • フロアマネージャー:東郷秀美
  • 木村:林茂朗
  • ハロルド・スナイダーの通訳詞:川村昌之
  • 留置場で揺すり起こす男:衣笠一夫(衣笠真寿雄)
  • ホステス:竹内洋子
  • 銀座の花売り娘:清水マリ子(清水まゆみ)
  • 福島邸の使用人:早川十志子(早川由記)、三沢孝子
  • 原:荒木良平
  • ハロルド・スナイダー:ジョージ・A・ファーネス
  • ハムザ・ムルリン
  • アナウンサー:阿井喬子
  • 以下ノンクレジット
  • ビアホールの客・観客:露木譲
  • キャバレーのダンサー:石塚雅子(石塚乃笛)
  • キャバレーのダンサー・ブルースカイの客:森みどり
  • クラブの楽屋の男:村田寿男
  • クラブのホステス:須田喜久代、角田真喜子(南條マリ)、芝あをみ、堀川京子
  • 集金役:仲島豊
  • タクシードライバーと揉める男:高橋明
  • タクシードライバーと揉める男・野次馬:本目雅昭
  • 通行人・留置場の警官:二木草之助
  • 歌手:平尾昌晃
  • ブルースカイの客:福田文子、宮路正美
  • 楽屋にいるバンドメンバー:秋山弘二(秋山耕志)
  • 楽屋にいるバンドメンバー・ブルースカイの客:井田武(いだたけ志村さ)
  • チャーリー桜田のファン:稲垣美穂子
  • ブルースカイのドアボーイ・バーのバーテン・テレビスタッフ:上野山功一
  • 野次馬:吉田勇男、木城ゆかり
  • 野次馬・演奏を聴く女:橘田良江
  • バーに来る警官:三笠謙(池沢竜)
  • クラブのバーテン:松岡京志(松丘清司)
  • 留置場の男:黒田剛
  • 一喝する留置場の男:フランキー堺
  • ボーイ長:久遠利三
  • ホステス・ドラム合戦観客:條美也子(条美也子)
  • クラブのカウンターの客・喫茶室の客:三浜元
  • ギターを練習する男:加藤博司
  • 籾山泰男:加納桂
  • テレビスタッフ:小野寺応侑
  • ドラム合戦の観客:服部千代子(峰品子)、加代あけみ(加代あけ美)、島善三:花村克典(花村彰則)、横田陽子(横田楊子)、漆沢政子
  • ピアノ奏者:山崎唯
  • ベース奏者:渡辺晋
  • トランペット奏者:松本英彦
  • トロンボーン奏者:中野彰
  • テナーサックス奏者: 川辺公一
  • バーの客:島村謙二(島村謙次)
  • スタジオの観客:坂巻祥子
  • スタッフ:山口吉弘
  • 喫茶室のボーイ:高緒弘志
  • 新人作曲家コンクールの観客:真下治子、大倉節美
  • 耳打ちするホステス:渡のり子
  • ドラム奏者:安田伸
  • サックス奏者:白木秀雄
  • 会場関係者:神山勝、鎌倉はるみ(星輝美)

余談[編集]

  • 冒頭でロカビリーを歌っている歌手は「ロカビリー三人男」の平尾昌晃(のちに作曲家に転身)である。
  • 国分役の石原のドラムのアテレコは、日本の名ドラムニストの1人である白木秀雄が行っており、石原が歌う同曲の主題歌「嵐を呼ぶ男」の音源の演奏には、「白木秀雄とオールスターズ」とクレジットされている。なお映画のラストを飾るジャズとクラシックの混成オーケストラの演奏場面においては、白木秀雄自身が画面に登場する。
  • ライバル・チャーリー桜田の陰謀で左手を怪我した正一が、マイクを掴み「おいらはドラマー〜」と歌いだすドラム合戦のシーンは、石原を代表する名場面の一つである。歌の途中の台詞は、劇中では「この野郎、かかって来い!最初はジャブだ、左アッパーだ、右フックだ!ちきしょうやりやがったな、倍にして返すぜ!チンだ、ボディだ、ボディだ、チンだ!えーい面倒だ、これでノックアウトだ!」と言っているが、主題歌では「この野郎、かかって来い!最初はジャブだ、ほら右パンチ、おっと左アッパー、ちきしょうやりやがったな、倍にして返すぜ!フックだ、ボディだ、ボディだ、チンだ!えーい面倒だ、これでノックアウトだ!」と言っている。

1966年版[編集]

1966年12月10日公開。渡哲也主演によるリメイク。石原裕次郎版と設定が若干変更されており、渡が演じる主人公国分正一の弟・英次の職業が音楽家ではなくレーサーになっている他、宇野重吉演じる正一・英次兄弟の父親が登場し、ラストは怪我をした正一と一緒に英次が出場しているカーレースをテレビで観戦する。英次のゴール前に正一は優勝を確信し、美弥と立ち去る。

ドラム合戦のシーンでは、ライバルの陰謀にはまり手を怪我するのは裕次郎版と同様であるが、その怪我が原因でスティックを片方床に落としてしまい、ドラムが叩けなくなったために歌いだしている。また歌の途中の台詞も、裕次郎版の「この野郎、かかって来い!〜」から、「そら!そら!そら!お前は俺の弟よ、俺の心はお前の心だ! そーら、ドラムが俺を呼んでるぜ! それ! 恋だ! 喧嘩だ! お祭りだ! よーし俺に任せろ、それっ、シンバルだ!」というものに変更されている。

スタッフ[編集]

  • 製作:日活
  • 企画:児井英生
  • 原作:井上梅次
  • 脚本:池上金男
  • 撮影:萩原憲治
  • 音楽:伊部晴美
  • 美術:千葉和彦
  • 録音:橋本文雄
  • 照明:森年男
  • 監督:舛田利雄

キャスト[編集]

  • 国分正一:渡哲也
  • 福島美弥:芦川いづみ
  • 寺本比佐子:太田雅子
  • 立花公子:橘和子
  • 牧村阿矢:由美かおる
  • 国分英次:藤竜也
  • チャーリー桜田:山田真二
  • 国分貞子:山岡久乃
  • メリー・丘:殿岡ハツエ
  • 福島慎介:杉江弘
  • 牧村:佐野浅夫
  • ヒモの男:深江章喜
  • 種田:弘松三郎
  • 左京徹:内田稔
  • 持永:藤岡重慶
  • 原文男:杉良太郎
  • 吉田:木下雅弘
  • レース仲間:柳瀬志郎
  • 木村東吉:杉山元
  • 宮原徳平
  • ディレクター:木島一郎
  • 鉄:榎木兵衛
  • スナックのマスター:緑川宏
  • 社員:島村謙二(島村謙次)
  • 留置場の警官:久遠利三
  • 二階堂郁夫
  • 留置場の男:水木京二(水木京二)
  • 柴田新三
  • レース仲間:亀山靖博
  • 桜田の舎弟:高橋明
  • 村上和也
  • 桜田の舎弟:中平哲仟
  • フランク長谷:本目雅昭
  • 池袋メトロの客:立川博
  • 織田俊彦
  • レース仲間:浜口竜哉
  • 瀬山孝司
  • ストリッパー:森みどり
  • 渡辺節子
  • ヌードスタジオの女:大谷木洋子、西原泰江、椿麻里
  • 高緒弘志
  • レース仲間:根本義幸
  • 田中滋
  • 赤司健介
  • 本人:前田武彦
  • 司会者:広瀬優
  • :石川恵一
  • ダンスチーム:レ・バビヨン
  • ドラム指導:塩沢俊彦
  • 振付:真田実、漆沢政子
  • 技斗:渡井嘉久雄
  • 歌手:朝丘雪路
  • 国分健作:宇野重吉
  • 以下ノンクレジット
  • トランペット奏者:市原久照(市原久)
  • アコーディオン奏者:松丘清司
  • 持永の手下:八代康二
  • 喫茶室の客:二木草之助
  • 喫茶室の女優:大塚トミエ
  • 桜田の舎弟:田畑善彦、式田賢一、溝口拳

1983年版[編集]

1983年8月4日公開。近藤真彦主演第4作目でたのきんスーパーヒットシリーズ第6弾。ドラム合戦時のBGMはアレンジが施されている。近藤に合わせるため、「嵐を呼ぶ男」のサビに新たな歌詞が追加されている[要出典]。 たのきんトリオシリーズの実質的な最終作となった。裏に角川映画の「探偵物語」と「時をかける少女」が投入されたため興行的に惨敗した[要出典]配給収入は8.5億円[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 近藤真彦「ためいきロ・カ・ビ・リー」
発売元:RCAレコード

挿入歌[編集]

  • 近藤真彦「嵐を呼ぶ男」
  • 田原俊彦「ラブシックレイン」

※サウンドトラック

同時上映[編集]

Love Forever

  • 主演:田原俊彦

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)138頁
  2. ^ 「1983年邦画4社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社1984年、 116頁。