嵐三十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

嵐 三十郎(あらし さんじゅうろう)は歌舞伎名跡の一。

  • 二代目 嵐三十郎
    • 初代の次男、生没年不詳。[2]
    • 嵐富松 → 二代目嵐三十郎[2]
  • 三代目 嵐三十郎
    • 二代目佐野川花妻の弟、生没年不詳。[3]
    • 佐野川惣吉 → 三代目嵐三十郎 → 三代目佐野川花妻[3]
  • 四代目 嵐三十郎
    • 出自不詳、1747–1808。はじめ初代嵐小六、のち初代嵐雛助の門下。
    • 嵐七三郎 → 荻野吉三郎 → 二代目嵐山三十郎 → 四代目嵐三十郎 → 初代關三十郎 → 關三右衛門(隠居名) → 初代關三十郎 → 關三右衛門 → 初代關三十郎 → 關三右衛門 → 初代關三十郎 → 關三右衛門
  • 五代目 嵐三十郎
    • 出自、生没年不詳
    • 嵐常太郎 → 四代目嵐新平 → 五代目嵐三十郎
  • 六代目 嵐三十郎
    • 二代目嵐雛助の子。若衆方や立役で活躍。
    • 嵐直次郎 → 二代目嵐秀之助 → 六代目嵐三十郎 → 四代目嵐雛助
  • 七代目 嵐三十郎
    • 二代目嵐雛助の門下。
    • 嵐梅太郎 → 叶梅太郎 → 七代目嵐三十郎 → 五代目嵐雛助 → 二代目叶雛助 → 四代目嵐小七

脚注[編集]

  1. ^ a b 嵐三十郎(初代)”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年2月2日閲覧。
  2. ^ a b 嵐三十郎(2代)”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年2月2日閲覧。
  3. ^ a b 佐野川花妻(3代)”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年2月2日閲覧。