嵯峨ぎく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嵯峨ぎく
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: キク属 Chrysanthemum
: コギク C. × glabriusculum
変種 : サガギク C. g. cv. Saga

嵯峨ぎく(さがぎく)は、キク科の1種コギク Chrysanthemum × glabriusculum の栽培変種。

概要[編集]

京都嵯峨の地に源を発する古典ぎく。その名称から、京都を強くイメージしているといわれる。

桃色色、黄色などの花が10月から11月に開花する。

都道府県の花[編集]

京都府しだれ桜であるが、花(花とする見方もある)としてナデシコと共に1990年3月6日制定された。

参考文献[編集]

  • 「京都府ってこんなところ」編集:京都府広報課 京都府広報印刷物:No.1701123

関連項目[編集]