嶋内よし子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
嶋内よし子 Table tennis pictogram.svg
没年月日 2003年12月23日選手情報利き腕グリップ ペンホルダー[1]フォア面ラバー 表ソフトバック面ラバー なし戦型 前陣速攻型[1]
 
獲得メダル
日本の旗 日本
世界卓球選手権
1979 平壌 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

嶋内よし子(しまうち よしこ)は、高知県窪川町出身の卓球選手。興津中学校・土佐女子高等学校を経て専修大学へ進学した。主将を務めていた1979年1月に行われた全日本卓球選手権では、女子シングルス決勝で青山学院大学の菅谷佳代を破り優勝した[2]。卒業後は三井銀行へ入社した[3]。夫は卓球選手の斎藤清[1]

世界卓球選手権に3度出場、全日本卓球選手権でも2度優勝した名選手であったが[1]2004年12月23日に乳癌による呼吸不全のため46歳で死去した[3]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 壁谷卓 (2004年1月14日). “2004全日本卓球コラム(2)前略 斎藤清様”. All About. 2012年5月22日閲覧。
  2. ^ 卓球日本一 無シードの島内 読売新聞 1979年1月15日朝刊
  3. ^ a b 斎藤よし子さん(元卓球日本王者)が呼吸不全のため死去”. 日刊スポーツ. 2012年5月22日閲覧。