この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

嶋大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

しま だいすけ
嶋 大輔
本名 森島 裕文(もりしま ひろふみ)
生年月日 (1964-05-22) 1964年5月22日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
身長 183 cm[1]
血液型 B型[2][3]
職業 タレント俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1981年 - 2013年
2015年 -
活動内容 1981年:歌手デビュー
1982年:『天まであがれ!
1982年:シングル「男の勲章
1988年:『超獣戦隊ライブマン
2013年:芸能界引退を表明
2015年:芸能界復帰
配偶者 あり
事務所 enjoy
主な作品
映画
戦国自衛隊1549
ロックンロール★ダイエット!
テレビドラマ
茜さんのお弁当』『天まであがれ!
超獣戦隊ライブマン
キモチいい恋したい!
ウルトラマンコスモス
木更津キャッツアイ
シングル
「男の勲章」
アルバム
『夜露死苦 戦極襲』
テンプレートを表示

嶋 大輔(しま だいすけ、1964年5月22日[4][3] - )は日本タレント俳優歌手。本名、森島 裕文もりしま ひろふみ[4]

兵庫県西宮市出身[要出典](公式では神奈川県[3]横浜市[5])。enjoy所属(業務提携先はバグジーヒーローズクラブ。)身長183cm。平塚学園高等学校中退。

来歴

横浜銀蝿のコンサートを見に来ていたところ、マネージャーにスカウトされて芸能界に入る[5][6]1981年、横浜銀蝿の「ツッパリハイスクールRock'n Roll(試験編)」で銀蝿の弟分としてデビュー[4]。同年、テレビドラマ『茜さんのお弁当』に出演し、俳優デビューを飾る[4][6][3]

1982年には「Sexy気分の夜だから」でソロ歌手としてデビューし[4][6]、嶋も出演した石立鉄男主演のドラマ『天まであがれ!』の主題歌となったシングル「男の勲章」が70万枚[7]または約98万枚[8]の大ヒットとなり、一躍有名となる。第15回日本レコードセールス大賞・男性新人賞も受賞し、10代を中心に人気を得る[4]

1988年には「スーパー戦隊シリーズ」第12作『超獣戦隊ライブマン』に天宮勇介/レッドファルコン役で主演を務め、自ら主題歌も担当[3][6]2001年には、同役でVシネマ『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』に出演。

1994年に結婚[4]。二女あり。

俳優としてテレビドラマ映画などに出演する他、タレントとしてバラエティ番組でも活躍。特に近年では、ドラマ『木更津キャッツアイ』や『めちゃ×2イケてるッ』のコーナー「数取団」で「男の勲章」が頻繁に使用されたことから嶋の再評価に繋がり、2003年に「男の勲章」をセルフカバーしリリース。

2005年「男の勲章」の続編「大人の勲章」をインディーズで発売し、オリコンシングルチャート初登場20位、インディーズチャート初登場1位を記録した。2006年9月には、セルフカバー・アルバム『夜露死苦 戦極襲(よろしく せんきょくしゅう)』を発売した。

2010年7月29日名古屋市中区に嶋自身がプロデュースする焼肉店「焼肉 男の勲章」をオープンした。また同年には日本中央競馬会馬主として登録。所有馬はいないが、今後は所有馬に冠名として「勲章」のドイツ語訳である「オルデン」を使用すると発表した[9]

長年所属していたフロム・ファーストプロダクションを離れ、2012年3月に自身で事務所フロムエースを立ち上げた。

2013年1月にスポーツ・音楽振興協会の理事長に就任し、国内・外の振興活動に務める。同年1月23日、自身初プロデュースで「星降る街角 orden version」(3曲A面シングル)をリリース。3曲目は、絆をテーマにした曲をかじのつよしと唄っている。

2013年4月、芸能界を引退。25日の記者会見で政界転身を表明し、夏の参院選に出馬の意向を示したが[10]、最終的に断念[11]

2015年5月1日、プロデュースした飲食店「男の創作カレー鍋ダイニングesora(エソラ)」を福岡県春吉に開店[12](同年6月閉店)。同年7月13日フジテレビ系情報番組『直撃LIVE グッディ!』」に生出演し、芸能界復帰を報告[13]。数ヶ月後、同地区に「ダイニング庵」を開店[14]したものの、程なくして閉店した(具体的な時期は不明)。

人物・エピソード

1980年10月に横浜市で開催された横浜銀蝿のコンサート中に会場のトイレで煙草を吸っていたところを、偶然そこにいた横浜銀蝿のプロダクションの社長にスカウトされる。スカウトの経緯は社長から「悪いと思っているんだろう」と言われると同時に電話番号を聞かれ、その一週間後に社長から連絡があり芸能界入りとなった。芸能界入りから一年間は、長時間のステージをこなすには体力づくりが必要という事務所の方針により体力作りが主体で、音楽の練習はほとんど行わなかった[15]

不良キャラで売り出していたことから、デビュー初期に地方のコンサート会場で観客に絡まれ負傷したことがあった[6]。このとき社長から厳しく注意され、以後観客からの挑発には乗らないようになった[6]

特技は、野球[1]。プロ野球の中日ドラゴンズ千葉ロッテマリーンズのファン。現在は、社会人野球チーム横浜ベイブルースの選手として競技者登録されている。

『超獣戦隊ライブマン』関連
  • スーパー戦隊シリーズは当時から現在まで主役に若手を起用するイメージが強く、実績があった嶋の起用は異例だった。これはシリーズ10周年の特例である[注釈 1]。東映プロデューサーの鈴木武幸は、記念作品として個性を際立たせるため破天荒な主人公とすることを考え、それまでのレッド像と異なるやんちゃなキャラクターの嶋を起用したと述べている[16]
  • 『ライブマン』の出演依頼はサウナで事務所社長から直接聞かされた[6]。当初は不安もあったが、社長から「大きな挑戦となるのでぜひともやってほしい」といわれ、サウナで長時間出演の話を聞かされ意識も朦朧とする中で出演を承諾した[17][6]
  • 『ライブマン』に出演が決まった際に知人から「ジャリ番」と揶揄されたことに立腹し、子供番組が優れた作品であることを認めさせるという強い想いを抱き一年間を突っ走ったと述べている[6]
  • 『ライブマン』の撮影当初、レッドファルコンのスーツアクターである新堀和男やアクション監督の竹田道弘はキャリアを積んでいるため、余裕で仕事をこなしていたため二人に対して苛立ちがあったが、後半では打ち解けるようになり撮影の合間に一緒になって遊んでいた[17]
  • 『ライブマン』放送後のインタビューでは番組中期に行われたメンバー増加の件に触れ、「当初は複雑な心境もあったが、5人になりスケジュールに余裕ができた分だけ作品を客観視できるようになり、後半は後半として楽しく仕事ができた」と述べている[3]
  • 監督の東條昭平は、嶋について個性があってよかったといい、普段は物静かで撮影にも協力的であったと述べている[18]
  • 『ガオレンジャーVSスーパー戦隊』では嶋だけでなく、新堀和男も復帰している。年齢やブランクを押しきっての演技に「やはり新堀さんはプロだ」と唸った[19]
  • 2016年11月6日、音楽ライブイベント『スーパー戦隊“魂”X 2016 東京公演 20世紀編』に出演。『ライブマン』のOP曲とED曲を披露した。会場には招待客として新堀和男も顔を見せ、嶋と久々の再会を果たした。
  • 2017年に公開された映画『動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー』においても、レッドファルコンの声で出演した(同作では、顔出しでの出演はしていない)。
  • ひらめ筋GOLD』では、SAMURAIヒーローズのキャプテンを務めた。

出演

テレビドラマ

映画

オリジナルビデオ

舞台

その他のテレビ番組

ラジオ

ゲーム

ディスコグラフィ

シングル

  1. Sexy気分の夜だから/お前に会いたい(1982年2月10日)
  2. 男の勲章/ぶっちぎりRock'n Roll(1982年4月28日)
  3. 暗闇をぶっとばせ!!/ルンルン気分でRock'n Roll(1982年8月11日) - オリコン・シングルチャートで1位を獲得。
  4. お前だけI Love You/原チャリ★デート(1982年11月24日)
  5. 大輔★哲太のRock'n Roll(1983年1月12日) - 嶋大輔&杉本哲太+1 矢吹薫がギタリストとして参加した。
  6. 男は道化師さ/夏よ来い(1983年4月27日)
  7. 無邪気な天使/只今失恋真最中(1983年9月21日)
  8. ハードボイルド・ロマンス 奇麗/(1984年4月21日)
  9. 君はダンシング・エンジェル/魅力度100%LADY(1984年8月21日)
  10. チャーミーダンス/黒い瞳(1984年10月21日) - 「チャーミーグリーン」のCMソング。その経緯から、ジャケットには現行のものではないが、ライオンのロゴマークが記載されている。
  11. 純哀物語/Forever My Love -さよならのとき-(1984年12月21日)
  12. ジャンクション/ベルベットの罠(1985年5月5日) - 大輔&DICE
  13. ブルーハイウェイ/(1985年11月21日)
  14. Easy悪Rock'n Roll/Be My Baby(1985年12月21日) - 三原じゅん子&嶋大輔
  15. 哀愁コネクション/レイニー・ウォーク(1986年7月21日)
  16. 超獣戦隊ライブマン/あしたに生きるぜ(1988年3月1日)
  17. 男の勲章(2003年7月19日) - セルフカバー版
  18. ガンバッテるんだ!/今を駆ける(2004年3月30日)
  19. 大人の勲章/Still/The Last Night(2005年9月28日)
  20. ロックンロール★ダイエット!(2008年9月13日)

アルバム

  1. 大輔命(1982年6月)
  2. 大輔命II(1982年11月)
  3. 銀蝿一家の世界(1983年)
  4. 大輔命III(1984年)
  5. チャレンジャー(1984年12月21日)
  6. 超獣戦隊ライブマン ヒット曲集(1988年6月1日)
  7. 夜露死苦 戦極襲(2006年9月21日)
  8. まりもっこりベスト もっこりお楽しみBOX(2008年7月16日)
  9. パーフェクト・ベスト(2010年7月7日)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当時はスーパー戦隊シリーズ第1作は1979年の『バトルフィーバーJ』とされていた。現在は、1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』が第1作目とされている。

出典

  1. ^ a b 日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、184頁。ISBN 978-4990124229。
  2. ^ 『TVスター名鑑2005』東京ニュース通信社、2004年、227頁。ISBN 978-4924566354。
  3. ^ a b c d e f 東映HM10 2004, p. 59.
  4. ^ a b c d e f g 『テレビ・タレント人名事典』日外アソシエーツ、2001年、第5版、521-522頁。ISBN 978-4816916779。
  5. ^ a b 『日本映画人名事典』男優篇 上巻、キネマ旬報社、1996年、777-778頁。ISBN 978-4873761886。
  6. ^ a b c d e f g h i 20th1988 2018, pp. 18-19, 「SPECIAL INTERVIEW '88 嶋大輔」
  7. ^ “嶋大輔、ファン1000人を前に「大人の勲章」熱唱!”. ORICON NEWS. (2005年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/5152/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  8. ^ “嶋大輔、芸能界引退!政界挑戦へ”. スポーツ報知. (2013年4月25日). オリジナルの2013年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130424224209/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130424-OHT1T00245.htm 2018年6月11日閲覧。 
  9. ^ “嶋大輔、愛馬の名前の由来は「勲章」”. デイリースポーツ. (2013年3月7日). https://www.daily.co.jp/horse/2013/03/07/0005794134.shtml 2017年4月1日閲覧。 
  10. ^ “参院選「白紙」も男のけじめ…嶋大輔 芸能界引退&政界進出”. Sponichi Annex. (2013年4月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/26/kiji/K20130426005682830.html 2015年7月13日閲覧。 
  11. ^ “嶋大輔氏 政治への思いは変わらず「これは私に与えられた試練」”. Sponichi Annex. (2013年6月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/21/kiji/K20130621006057850.html 2017年4月1日閲覧。 
  12. ^ “嶋大輔さん カレー鍋店プロデュース”. デイリースポーツ. (2015年5月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/27/0008065751.shtml 2015年6月18日閲覧。 
  13. ^ 嶋大輔さん、芸能界復帰を発表「お恥ずかしながら」 引退会見から2年”. ORICON (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  14. ^ 本田理沙ブログ2016年1月11日
  15. ^ 福島民報』1981年11月24日付夕刊4面 「来春 ソロでスタート 「銀蝿を抜きたい」と嶋大輔」
  16. ^ 20th1988 2018, p. 5, 「INTERVIEW ライブマンの真実 鈴木武幸
  17. ^ a b 東映HM10 2004, p. 58.
  18. ^ 20th1988 2018, p. 33, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 東條昭平
  19. ^ 東映HM10 2004, pp. 60-61.

参考文献