嶋田章弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嶋田 章弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田市
生年月日 (1966-06-27) 1966年6月27日(52歳)
身長
体重
179 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 1985年8月3日
最終出場 1996年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

嶋田 章弘(しまだ あきひろ、1966年6月27日 - )は、和歌山県有田市出身の元プロ野球選手

実兄は元プロ野球選手の嶋田宗彦

来歴・人物[編集]

箕島高校では、2年生だった1983年、1年上の吉井理人の控え投手として夏の甲子園に出場。この大会では3回戦に進出するが、津野浩のいた高知商に敗退[1]。この試合で吉井をリリーフし、甲子園初登板を果たす。1年上のチームメートに右翼手山下徳人がいた。翌1984年はエース、三番打者として夏の甲子園に連続出場。2回戦(初戦)で取手二高石田文樹らと投げ合うが3-5で敗退[1]

同年のドラフト会議で阪神から1位指名を受け入団。この時入札で競合し抽選で外した広島は嶋田の控え投手だった杉本正志を外れ1位で指名している。また住友金属捕手としてプレー、ロス五輪の金メダルに貢献した兄の宗彦も4位指名を受け阪神入団。兄弟バッテリーを期待された。

プロ入り後は入団1年目の1985年から一軍で登板、8月26日にはヤクルトとの対戦で初先発。9月15日には中日を相手に8回までノーヒットノーランの快投を演じる[2]。翌1986年4月25日には中日を相手に先発、兄も捕手として先発出場し兄弟バッテリーを実現した。

しかしその後は右肩を痛め、1990年に俊足とシュアな打撃を買われ外野手に転向。1991年には7月から主に右翼手、二番打者として起用され23試合に先発出場。翌1992年は故障もあって低迷するが、1993年には復活し44試合に先発。同年のシーズンオフに米崎薫臣との交換トレードで近鉄に移籍するが、活躍の機会は少なかった。1996年3月、北村俊介との交換トレードで中日へ移籍しこの年限りで現役引退。1997年に中日のスコアラーに就任したが2004年からは古巣阪神でスコアラーを務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 阪神 10 3 0 0 0 0 0 0 -- ---- 107 25.2 21 1 11 0 0 7 2 0 10 10 3.51 1.25
1986 11 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 94 22.1 24 3 8 0 1 11 0 0 9 9 3.63 1.43
通算:2年 21 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 201 48 45 4 19 0 1 18 2 0 19 19 3.56 1.33

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 阪神 10 4 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1986 11 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .250 .500
1991 27 88 68 8 15 3 0 0 18 6 3 1 5 0 14 0 1 17 1 .221 .361 .265 .626
1992 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1993 59 180 158 15 39 4 4 0 51 13 3 2 7 1 14 0 0 32 3 .247 .306 .323 .629
1994 近鉄 9 23 19 4 3 1 0 0 4 1 1 0 1 0 3 0 0 4 0 .158 .273 .211 .483
1995 16 17 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 .000 .176 .000 .176
1996 中日 4 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
通算:8年 138 320 270 28 59 8 4 0 75 20 7 4 13 1 35 0 1 62 4 .219 .309 .278 .587

背番号[編集]

  • 15 (1985年 - 1988年)
  • 60 (1989年 - 1993年)
  • 35 (1994年 - 1995年)
  • 42 (1996年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 『'92プロ野球選手写真名鑑』 日刊スポーツ出版社、1992年、139頁。

関連項目[編集]