嶋雅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

嶋 雅二(しま まさじ、1934年12月29日 - 2014年11月11日)は日本実業家ホーネンコーポレーション代表取締役会長兼CEOとしてJ-オイルミルズ設立にあたり、同社代表取締役社長や、日本植物油協会会長などを務めた。

人物・経歴[編集]

大阪府出身[1]。京都市立川岡国民学校(現京都市立川岡小学校)、同志社中学校・高等学校を経て、同志社大学経済学部卒業後、豊年製油(のちのホーネンコーポレーション)に入社。1989年からホーネンコーポレーション代表取締役社長を務めた。その後、ホーネンコーポレーション代表取締役会長兼CEOとして、江頭邦雄味の素代表取締役社長との交渉などにあたり味の素製油との経営統合を行い、2002年に持株会社として設立された豊年味の素製油(現J-オイルミルズ)の初代代表取締役社長に就任した。2003年には吉原製油との経営統合を進めJ-オイルミルズへの商号変更を行った[2][3]。2005年J-オイルミルズ代表取締役会長[4]日本植物油協会会長も務めた。2014年腎不全のため死去。享年79。2015年にホテルニューオータニでお別れの会が開かれ約900人が集まった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「嶋雅二氏(J-オイルミルズ元社長)11日死去」日本食糧新聞2014.11.14 11097号 01面
  2. ^ 「J-オイルミルズ楳田純和次期社長の記者会見より3社再編で積極的に参画ステークホルダー重視の経営」日刊油脂特報
  3. ^ 「故・嶋雅二氏(J-オイルミルズ元社長)のお別れ会開く」日本食糧新聞2015.02.06 11136号 02面
  4. ^ 社長交代のお知らせ
先代:
(新設)
J-オイルミルズ(旧豊年味の素製油)社長
2002年 - 2005年
次代:
佐々木晨二