川上シゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

川上茂幸(川上シゲ)は、日本のベーシスト。

70年代前半の米軍キャンプ回り、元ダイナマイツ瀬川洋氏のグループへの参加等を経て、1975年カルメンマキ&OZに加入。シーンの黎明期を切り開き「日本のロックの到達点」と評されるこのバンドでの活動で「日本ロックベースのパイオニア」としてのポジションを不動のものとする。

カルメンマキ&OZ解散後は、NOIZ(ポリドール)、千年コメッツ(SONY)、タイフーン・ナタリ(SONY)など、日本ロック史において重要な意味を持つバンドを結成し、数々のレコーディングセッションにも参加。また、アレンジャー、作曲家、プロデューサーとして数々のアーティストを輩出しつつ、マイペースでレコーディングセッション('06井上陽水「長い猫」etc)への参加など行ってきた。

2014年に出版されたこだま和文(MUTE BEAT)の『いつの日かダブトランペッターと呼ばれるようになった 』には、川上シゲが話すこだま和文とのエピソードが満載。

同じく2014年にはNOIZの再結成、カルメンマキ45周年記念ライヴでのカルメンマキ&OZの再結成など、チケットは発売と同時にソールドアウト。歴史に残る名演で観客を震撼させた。

現在、元カルメンマキ&OZの武田"チャッピー"治氏と共に~伝説~の再演『Blue in the dark』を結成。活動開始している。

■アレンジャーとして

・ZONEのアルバム、シングルにて"虎次郎"という芸名で参加

・千年コメッツの2thアルバム『ノスタルジア』

・元男組の岡本健一が結成したROCK BAND『ADDICT OF THE TRIP MINDS』(ポリスター)1st アルバム など

■作曲家として

・元バービーボーイズの杏子1stアルバムに2曲提供

■手掛けたアーティスト

1994年~2006年までSONY MUSICに勤務。制作部長を務め、新人発掘部門プロデューサーとして数々のヒットアーティストを世の中に送り出す。

・川本真琴

・ZONE

・スーパーカー

・Whiteberry

・大槻真希

・the brilliant green

・sisters

・Bluem of Youth

・FRIP

ほか


■Blue in the dark http://blueinthedark.com/

Ba.川上シゲ

Dr.武田"チャッピー"治

Gt.渡辺モトイ

Key.照沼 剛

Vo.今井千香子