川之江藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川之江藩(かわのえはん)は、江戸時代前期、伊予国に短期間存在していた。川之江村(現在の愛媛県四国中央市川之江)に陣屋を置いた。

藩史[編集]

寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩一柳直盛は、伊予国西条藩6万8千石に加増・転封を受けた。しかし、采地に赴く途中、大坂で没した。

直盛の遺領は三人の男子によって分割された。西条藩は長男直重が3万石で継いだ。三男の直頼は伊予国小松で1万石を分与された。次男直家は、既に領していた播磨国小野5千石に加えて伊予国川之江の2万3千石を分与された。直家は宇摩郡に陣屋を置き、川之江藩が立藩された。

しかしながら、翌寛永14年(1637年)には、分領であった播磨国加東郡小野の代官所を陣屋とし、藩主以下家臣が移住している。

寛永19年(1642年)には直家が病死した。直家自身には嫡子がおらず、直次養子に迎えて家督を継がせたが、末期養子であったために伊予の所領は幕府に没収され、藩領は播磨小野藩1万石に削減され、わずか6年で川之江藩は消滅した。伊予の藩領は幕領に編入され、残された播磨の藩領は小野藩1万石としてそのまま明治維新まで続くことになった。

歴代藩主[編集]

一柳家[編集]

  1. 直家(なおいえ)

関連項目[編集]