川勝泰介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

川勝 泰介(かわかつ たいすけ、1951年 - )は、日本教育学者京都女子大学教授発達教育学部児童学科)[1]。専門は、児童文化学、教育学児童文学[1]

略歴[編集]

京都市生まれ。1975年関西学院大学文学部教育学科卒業。1980年同大学院文学研究科博士課程満期退学。2001年に「児童文化学研究序説」で関西学院大学より博士教育学)の学位を受けた。1980年市邨学園短期大学専任講師、その後大学名変更により名古屋経済大学短期大学部教授を経て、2005年より京都女子大学教授。日本児童文学学会事務局長を4期務めた後、代表理事を経て、2015年11月より日本児童文学学会会長。日本子ども社会学会評議員。

著書[編集]

  • 『児童文化学研究序説』千手閣、1999年、ISBN 978-4885211591
  • 『児童文化学ことはじめ』ユーズ企画、2009年
  • 『言葉 保育内容演習』中部日本教育文化会 2011、ISBN 978-4885218668

共編著[編集]

  • 『叢書 児童文化の歴史Ⅱ 児童文化と学校外教育の戦中戦後』加藤理、浅岡靖央 共編、港の人、2012年、ISBN 978-4896292473
  • 『ことばと表現力を育む児童文化』浅岡靖央、生駒幸子共編著、萌文書林、2013年、ISBN 978-4893471888
  • 『子どもの文化を学ぶ人のために』分担執筆、世界思想社、2002年、ISBN 4-7907-0920-5

脚注[編集]

  1. ^ a b 教授 川勝泰介 発達教育学部 児童学科

参考文献[編集]

  • 川端有子、戸苅恭紀、難波博孝 編『子どもの文化を学ぶ人のために』、世界思想社、2002年、ISBN 4-7907-0920-5