川原子インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川原子インターチェンジ
新庄方面側出口付近
新庄方面側出口付近
所属路線 E13 尾花沢新庄道路東北中央自動車道
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0013.svg 川原子
起点からの距離 180.2 km(相馬IC起点)
尾花沢北IC (3.7 km)
(3.9 km) 舟形IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0013.svg 国道13号
供用開始日 1999年平成11年)11月27日
通行台数 x台/日
所在地 999-4555
山形県尾花沢市毒沢
備考 新庄方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示

川原子インターチェンジ(かわらごインターチェンジ)とは、山形県尾花沢市にある、尾花沢新庄道路東北中央自動車道並行する一般国道自動車専用道路[1])のインターチェンジである。

新庄方面のみ通行可能なハーフインターチェンジであるため、山形方面に行くことはできない。

歴史[編集]

周辺[編集]

  • 最上川(このあたりは、イザベラ・バードの「日本奥地紀行」でもその風景を絶賛された、最上川随一のビューポイントである。国道13号に両方向「もしもしピット」が設けられており、車を降りて風景を眺めることが出来る。)
  • 猿羽根山(地蔵尊)
  • リサイクルプラザもがみ

接続する道路[編集]

料金所[編集]

国土交通省が管轄する無料区間道路であるため、料金所は設置されていない。

[編集]

E13 尾花沢新庄道路東北中央自動車道
尾花沢北IC - 川原子IC - 舟形IC
  • 当ICは舟形IC方面のみ出入りのハーフICであるため、尾花沢北IC方面との往来はできない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道路事業 再評価 一般国道13号 尾花沢新庄道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2010年11月26日). 2016年12月30日閲覧。
  2. ^ 山形県の高速道路 (PDF)”. 山形県 県土整備部 道路整備課 高速道路整備推進室. p. 2 (2015年7月). 2016年12月30日閲覧。
  3. ^ 一般国道13号尾花沢新庄道路の部分開通について 〜11月19日(日)に部分開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2006年10月20日). 2016年12月30日閲覧。

関連項目[編集]