川原柳駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

川原柳駅(かわらやぎえき)は、1927年11月20日から1972年2月19日まで設置されていた上田交通真田傍陽線の駅。真田傍陽線の廃線と同時に廃駅となった。

概要[編集]

上田温泉電気軌道→上田電鉄→上田丸子電鉄→上田交通全路線きっての『難読駅』[編集]

上田市の北東部、上州街道の上田の入り口にある川原柳町の脇に設置されたためこの駅名となっている。町はそのまま読むと「かわらやなぎ」と読めるのだが、正式な町名は「かわらやぎ」である。町名の由来は、上田城を再建するために仙石氏真田氏が松代へ移封した後、上田城主となった大名)が呼び寄せた瓦職人が住んだ事からで、最初は瓦焼(かわらやき)と称していたが後に漢字が川原と柳に変わってしまい、さらに読みがなまってかわらやぎとなった。駅名に「かわらやなぎ」「かわらいき」と印刷したケースもあり、地元の人間以外にとっては読みにくかったことは事実である。

市街地の駅で一番にぎわっていた駅[編集]

戦前から、上田中学校→上田松尾高校→上田高校へ通う小県郡東北五ヶ村(神科村豊里村本原村傍陽村長村。いずれも現在は上田市)の学生がこの駅で降りて歩いて通学していたという逸話があることや、東北地域の住民が上田丸子電鉄丸子線に乗り換えるのに下車駅として利用し、上田東駅国道18号線のバイパス(現在は本線)が開通後は染屋駅へも)まで歩いていったというエピソードがあった事からもわかるように、市街地の駅の中では『上田市街地入り口の駅』として一番にぎわった駅であった。駅は市街地に設けられた駅で唯一交換設備を持ち、2面2線のホームとハイヤーの事務所を兼ねた駅舎(事務所部分は戦後増築した)を持ち、一番にぎわっていた駅の名にふさわしい作りとなっていた。

駅は、クハ250形251号を電車化しモハ4250形4257号として就役させた企業である三葉製作所の工場の近くにあった。駅は国道144号線と平行していたが、1967年に同線のバイパス(現在は本線)が完成すると駅の目前を自動車が通るようになってしまい、これが真田傍陽線廃止の決定打になってしまった。

駅の廃止後は上田交通上電バスのバス停留所となったが、停留所は旧144号線入り口に設置されている。また、18号線と144号線との交差点付近に「上川原柳停留所」が、現在の144号線入り口に「下川原柳停留所」が設置されており、後者が駅跡前に設置されている。

隣の駅[編集]

上田交通
真田傍陽線
北上田駅 - 川原柳駅 - 神科駅