川口文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわぐち ふみお
川口 文夫
生誕 (1940-09-08) 1940年9月8日(78歳)
日本の旗 愛知県額田郡幸田町
出身校 早稲田大学第一商学部卒業
職業 中部電力相談役

川口 文夫(かわぐち ふみお、1940年9月8日 - )は、日本実業家中部電力元代表取締役社長、会長(現・相談役)、中部経済連合会会長、名古屋ケーブルビジョン理事長、財団法人中部産業・地域活性化センター会長、名古屋「正論」懇話会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員。Jリーグ名古屋グランパス前会長。

経歴[編集]

愛知県額田郡幸田町出身。1959年愛知県立岡崎高等学校を経て[1]1964年早稲田大学第一商学部卒業。同年、中部電力に入社。同社取締役資材部長、取締役名古屋支店長、常務取締役等を経て、2001年6月より代表取締役社長を務め、2005年6月より同社会長。 2010年6月25日には相談役に就任した[2]

2006年2011年まで中部経済連合会会長、2012年2014年まで中日本高速道路の会長を務めた。2014年には幸田町の「ふるさと町民」(名誉町民)として表彰を受けた。

2007年3月30日ドイツ連邦共和国名誉領事[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『岡高同窓会名簿 1986』 愛知県立岡崎高等学校同窓会長、1986年10月1日、244頁。
  2. ^ 2010年6月度定例記者会見 川口相談役挨拶(2010年6月25日、中部電力、定例記者会見)
  3. ^ 大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館のウェブサイト (ドイツ語)
[ヘルプ]
先代:
太田宏次
中部電力社長
2001年 - 2005年
次代:
三田敏雄
先代:
豊田芳年
中部経済連合会会長
2007年 - 2011年
次代:
三田敏雄