川口正吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川口 正吉(かわぐち しょうきち、1912年 - 1982年2月25日[1])は、日本の翻訳家

新潟県三条市生まれ[2]中央大学経済学部卒業。英語の小説、ノンフィクションを翻訳、キューブラー・ロスの『死ぬ瞬間』がベストセラーになった。

翻訳[編集]

  • J.A.ハンター『ハンター 猛獣王国ケニヤでの二十六年』三笠書房 1957
  • C.H.セグペン,H.M.クレックレイ『イヴの3つの顔 一つの肉体に宿る三人の女性』白揚社 1958
  • J.A.ハンター、D.P.マニックス『フロンティア 暗黒大陸に挑んだ人びと』三笠書房 1958
  • J.A.ハンター『血に渇く草原』三笠書房 1959
  • バイロン・ファーウェル『ブーラ・マタリ 岩をくだく男 探検家スタンレーの生涯』刀江書院 1959
  • ロバート・リンドナー『心の秘密 精神分析医の記録』弘文堂 1963 フロンティア・ブックス
  • アレン・ドルーリ『アメリカ政治の内幕 政治小説』弘文堂 1964
  • ヒラリイ・ウォー『生れながらの犠牲者』早川書房 1964 世界ミステリシリーズ
  • エドモンド・ハミルトン『虚空の遺産』早川書房 1964 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • スターリング・ノース『はるかなるわがラスカル』学習研究社 1964 ガッケン・ブックス サイエンスシリーズ
  • フィリップ・K・ディック高い城の男』早川書房 1965 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • フレドリック・ブラウン『遠い悲鳴』早川書房 1965 世界ミステリシリーズ
  • J.C.リリー『人間とイルカ 異種間コミュニケーションのとびらをひらく』学習研究社 1965 ガッケン・ブックス サイエンス・シリーズ
  • ジャック・ウィリアムスン『ヒューマノイド』早川書房 1965 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • ロバート・A・ハインライン『未知の地平線』早川書房 1965 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • フリッツ・ライバー『闇よ,つどえ』早川書房 1965 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • アレックス・ゴードン『アラベスク』早川書房 1966 世界ミステリシリーズ
  • ジョン・ガードナー『アンダーストライク』早川書房 1966 世界ミステリシリーズ
  • エドワード・E・スミス宇宙のスカイラーク』早川書房 1966 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • エドワード・E・スミス『スカイラーク3』早川書房 1966 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • リチャード・ワームザー『引き裂かれたカーテン』早川書房 1966 世界ミステリシリーズ
  • リチャード・テルフェア『秘密諜報員ジョン・ドレイク』早川書房 1966 世界ミステリシリーズ
  • アイザック・アシモフ『暗黒星雲のかなたに』1967 角川文庫
  • エドワード・E・スミス『最初のレンズマン』早川書房 1967 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • デュラント『世界の歴史 第4巻 エーゲ海の民族文化』林靖共訳 日本ブック・クラブ 1967
  • デュラント『世界の歴史 第5巻 ギリシア文明花咲く』大月邦雄共訳 日本ブック・クラブ 1967
  • ジョイス・ポーター『ドーヴァー』第1-2 早川書房 1967 世界ミステリシリーズ
  • エドワード・E・スミス『ヴァレロンのスカイラーク』早川書房 1967 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • エイヴラム・メリット『イシュタルの船』早川書房 1968 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • E・S・ガードナー『悩むウェイトレス』早川書房 1968 世界ミステリシリーズ
  • G.G.フィックリング『ハニー、ナチスに挑戦!』早川書房 1968 世界ミステリシリーズ
  • エイヴラム・メリット『金属モンスター』早川書房 1969 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • エドワード・E・スミス『三惑星連合』早川書房 1969 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • レイ・カミングズ『時の塔』早川書房 1969 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • アイヴァン・シェイファ『金に憑かれた男たち』産業能率短期大学出版部 1970 能大ビジネス・ノヴェルズ
  • ジェラルド・ダレル『ダレルの動物散歩』月刊ペン社 1970
  • J.サットン『ミサイルと罌粟』産業能率短期大学出版部 1970 能大ビジネス・ノヴェルズ
  • A.メリット『ムーン・プール』早川書房 1970 ハヤカワ・SF・シリーズ
  • ハロルド・W.ヘルフリック Jr.編『環境の危機』産業能率短期大学出版部 1971
  • ジェラルド・ダレル『囁く国の動物たち』月刊ペン社 1971
  • E.キューブラー=ロス『死ぬ瞬間 死にゆく人々との対話』読売新聞社 1971
  • ハーバート・A.オットー『潜在能力を生かそう』産業能率短期大学出版部 1971
  • ノエル・F.ブッシュ『日本海海戦 皇国の興廃、この一戦に在り 第二次世界大戦ブックス 別巻 3』サンケイ新聞社出版局 1972
  • ジョン・ディクスン・カーロンドン橋が落ちる』早川書房 1973 世界ミステリーシリーズ
  • C.H.セグペン、H.M.クレックレー『私という他人 多重人格の病理』講談社 1973 のち+α文庫
  • ロバート・リンドナー『宇宙を駆ける男 精神分析医のドキュメント』金沢文庫 1974
  • ジョン・エム・ランゴーン『死は名詞である』金沢文庫 1974
  • ジェラルド・ダレル『ノンフィクション全集 長い白雲の国』筑摩書房 1974
  • バーバラ・エフ・ベンジガー『わが心の牢獄』金沢文庫 1974
  • エヴリン・ランカスター『私の中の不思議な他人 多重人格女性の告白』読売新聞社 1974
  • E.キューブラー=ロス『死ぬ瞬間の対話』読売新聞社 1975
  • L.チェーズ, C.キング『ナ・ダーム あなたの中の不思議な力』日本教文社 1975
  • ロバート・カルダー『犬』サンケイ出版 1977 サンケイノベルス
  • E.キューブラー=ロス『続・死ぬ瞬間』読売新聞社 1977
  • C.A.ニューランド『私の自己と私 LSD-25の精神分析』河野心理教育研究所出版部 1977
  • クリス・C.サイズモア,エレン・S.ピティロ『私は多重人格だった』講談社 1978
  • レオナード・レオックム,ポール・ポゾニック『気象戦争』広済堂出版 1979
  • V.ハワード『スーパーマインド あなたは本当のあなたなのか』日本教文社 1980 コズモブックス
  • V.ハワード『なぜあなたは我慢するのか エソテリックライフのすすめ』日本教文社 1980 コズモブックス
  • モーリス・ローリングズ『死の扉の彼方』第三文明社 1981
  • キューブラー・ロス『死ぬ瞬間の子供たち』読売新聞社 1982

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

参考[編集]

  • 『死ぬ瞬間の子供たち』訳者紹介