川口真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川口 真
かわぐち まこと
生誕 (1937-11-05) 1937年11月5日(81歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市 
ジャンル J-POP歌謡曲演歌
アニメソング
職業 作曲家
編曲家

川口 真(かわぐち まこと、1937年11月5日 - )は、日本の作曲家編曲家である。

人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ、岡山県倉敷市岡山市育ち。岡山大学附属中学校岡山県立岡山操山高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部・作曲科中退。芸大在学中からピアニスト、CM音楽の作曲、レコード音楽の編曲などの活動を始める。

1963年、ベンチャーズが作曲した「二人の銀座」(歌:和泉雅子山内賢)のアレンジを担当。川口は「北国の青い空」などベンチャーズ作曲作品のアレンジを担当している[1]

1969年に「人形の家」(弘田三枝子)で作曲家としてデビュー。テンプターズの「エメラルドの伝説」(作曲:村井邦彦)「おかあさん」の編曲も評判となる。1970年「手紙」(由紀さおり)をヒットさせ、「真夏のあらし」(西郷輝彦)で第12回日本レコード大賞作曲賞を受賞した[2]。70年代前半には尾崎紀世彦さよならをもう1度」(1971年)、夏木マリ「絹の靴下」(1973)、金井克子「他人の関係」(1974)、布施明「積木の部屋」(1974)などの名曲、ヒット曲を作曲した。

現在は日本作曲家協会顧問[3]日本作編曲家協会理事を務める[4]

作曲楽曲[編集]

歌謡曲[編集]

(歌手名の五十音順)

その他[編集]

編曲楽曲[編集]

(歌手名の五十音順)

TV作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]