川口義久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
川口義久

川口 義久(かわぐち よしひさ、1879年明治12年)1月26日[1] - 1945年昭和20年)8月28日[2])は、日本の衆議院議員政友本党立憲政友会)、日本大学学長1933年就任[3])。

経歴[編集]

神奈川県鎌倉郡瀬谷村(現在の横浜市瀬谷区)出身。日本大学を卒業後、オハイオ州立大学で学び、修士号を取得。さらにイェール大学大学院で学んで、法学博士の称号を得た。帰国後、日本大学の幹事、講師、学監、理事、教授、学長を歴任した。

また清浦内閣小松謙次郎鉄道大臣の秘書官を務め、1924年(大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、5回の当選回数を数えた。その他、川口製糸株式会社社長、瀬谷銀行取締役、日華学会評議員なども務めた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、5頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ 沿革と概要”. 日本大学芸術学部 校友会. 2014年9月15日閲覧。
  4. ^ 『代議士詳覧』

参考文献[編集]

  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十一年三月』 衆議院事務局1936年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年