半保護されたページ

川口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

川口駅*
JRE Kawaguchi Station east exit.jpg
東口(2008年8月)
かわぐち
Kawaguchi
**JK 38 赤羽 (2.6 km)
(2.0 km) 西川口 JK 40
所在地 埼玉県川口市栄町三丁目1-21
駅番号 JK39[報道 1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京浜東北線
(正式には東北本線
キロ程 15.8 km(東京起点)
大宮から14.5 km
電報略号 カチ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
84,197人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1910年明治43年)9月10日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口 有(臨時窓口)[報道 2][1]
話せる指定席券売機設置駅[報道 2][1]
* 1934年昭和9年)2月15日に「川口町駅」から改称。
** この間に東京支社大宮支社境界あり(当駅から西川口寄りは大宮支社管内)
テンプレートを表示
西口(2016年7月)

川口駅(かわぐちえき)は、埼玉県川口市栄町三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。駅番号JK 39[報道 1]

概要

乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線である(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東北(本)線」とは案内されていない。

川口駅を含む川口市内全駅には定期運転の特急列車が停車しない。市内に有料特急が一本も停車しない現状を有するのは、2015年時点における日本の人口50万人以上の市の中では川口市のみである[注釈 1]

東北本線における埼玉県内最南端の駅であり、当駅から栃木県豊原駅まで大宮支社の管轄となる。そのため、当駅と赤羽駅の間にある荒川橋梁の埼玉県側入口が大宮支社と東京支社との境界となっている。

歴史

駅構造

川口駅配線図
凡例
 大宮宇都宮高崎方面
2 1


POINTERg@fq cd
貨物線(湘南新宿ライン
POINTERg@fq cd
列車線(宇都宮・高崎線
v-SHI2+l red vSHI2r-STR red vSTR saffron
POINTERg@fq cd
電車線(京浜東北線
dSTR red
d
v-STR red vÜSTr red vSTR saffron vSTR azure
vhSTRa-STR red vSTR saffron vSTR azure
vhSTRl-STR red mvKRZh saffron+red mvKRZh azure+red
旧・連絡線
d vSHI2l- red dSHI2g+l red dSHI2gr saffron dSTR saffron
hvSTRe- red
(現在は事業用車両専用)
d d
dSHI2gl red dSHI2g+r saffron dSHI2g+l saffron dSHI2gr azure dSTR azure vSHI2gl- red
dSTR red dSHI2gl red
dSTR saffron dSTR azure dSHI2g+l azure dSHI2gr red dBS
d vÜSTr red
dENDEe red
vSTR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
vSTR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
駅舎
vSTR red vSTR saffron vSTR+BSm azure
v-SHI2+l red vSHI2r red vSTR saffron vSHI2l azure vSHI2+r- azure
vSTR red dENDEa saffron dSTR saffron dSHI2gl saffron
dSTR azure
vSTR red
mvSTR-ENDEe saffron+azure vSTR azure
hvSTRa~LL
hdSTRa~LLRR
hdSTRa~LLRR
hvSTRa~RR
WDOCKSm+lhvSTR~LL
dWDOCKSm+lhdSTR~LLRR
dWDOCKSm+lhdSTR~LLRR
WDOCKSm+lhvSTR~RR
荒川
埼玉県川口市
東京都北区 ↓
WDOCKSm+lhvSTR~LL
dWDOCKSm+lhdSTR~LLRR
dWDOCKSm+lhdSTR~LLRR
WDOCKSm+lhvSTR~RR
hvSTRe~LL
hdSTRe~LLRR
hdSTRe~LLRR
hvSTRe~RR

 上野東京新宿方面

島式ホーム1面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有し、内部にはコンコースと自由通路がある。駅長配置の直営駅で、びゅうプラザ指定席券売機(話せる指定席券売機を含む)、短距離自動券売機自動改札機設置駅。話せる指定席券売機が設置されたことに伴い、みどりの窓口は繁忙期及び話せる指定席券売機では対応不可能な取扱いを行う際に限り臨時に開設される[報道 2][1]

1986年11月まで旅客ホームの東側に貨物ホームが存在していた。その後、貨物ホームは撤去され、南側部分が「キュポ・ラ」として再開発されたが、北側部分は駐車場や保守基地となっている。 さらに北側、西川口駅との間に存在するオーバークロスも東北貨物線からこの貨物ホームへの連絡線の跡である。現在もオーバークロスは保守基地と東北貨物線との連絡線として利用されている。 オーバークロスと当駅の間にはかつて存在したサッポロビール埼玉工場の専用線もあり当駅の貨物ホームと線路でつながっていたが、貨物ホームと同時に廃止となった。その後、工場は2003年に閉鎖、その跡地は2006年に「リボンシティ」として再開発され、マンションや大型ショッピングセンター「アリオ川口」が建設された。

ホームはカーブしており、電車とホームの間が開いている箇所がある。また、東京方に向かって緩やかな上り勾配になっている。

京浜東北線ホームのやや北側に上野発着の東北本線列車線(宇都宮線高崎線)と東北貨物線との渡り線があり[注釈 2]、頻度は少ないが工事列車などで使われることがある。近年では浦和駅の高架化工事に伴い上野発着の日中の一部列車が東北貨物線へ迂回運転するために使われた。昨今では、宇都宮・高崎線が川口 - 大宮間で不通になった場合に、上野東京ライン及び上野発着の中距離電車が貨物線へ迂回する際に使用される。信号場と同様の扱いのため、通過する中・長距離列車の乗務員用時刻表には「川口」の駅名と通過時刻が記載されている。一方、湘南新宿ラインの北行が旅客線に転線することも可能ではあるものの、南行が大宮 - 当駅間で旅客線を使用することは、赤羽方向への旅客線→貨物線の渡り線がなく物理的にできない。

中距離電車(上野東京ラインや湘南新宿ライン)の停車を求め、2016年2月12日には川口市長が石井啓一国土交通大臣に「格段の配慮」を求める要望書を手渡したが[新聞 1]、東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会での議論の結果、『「東京圏の都市鉄道が目指すべき姿」を実現する上で意義のあるプロジェクト』へ採用されることはなかった[2]。JR東日本側は「物理的・構造的には川口駅へのホーム設置は可能であるが、大宮駅以南の停車駅が多くなることや隣の赤羽駅に停車していることなどから、中距離電車としての速達性を考慮すると停車させることは困難」と述べている[3]。それでも一度は前向きな協議が始まったが、JR東日本側は、川口市側へ400億円の負担金要求を提示したため、結局議論は停滞している[新聞 2]

のりば

番線 路線 行先
1 JK 京浜東北線 上野東京横浜磯子方面
2 浦和大宮方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディ

1 JK ジュピターB(スイッチ製)
2 JK ムーンストーン(スイッチ製)
  • 2013年11月10日から2014年1月10日までは「川口市民歌」を使用していた[新聞 3]
  • 2018年11月1日から11月30日までは、1番線は「川口市民歌」の一部、2番線は「元気川口・御成道サンバ」の一部を使用していた[報道 6]

利用状況

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員84,197人である。埼玉県内のJRの駅では大宮駅浦和駅に次ぐ第3位である。また、乗り換え路線がないJR東日本の駅としては大森駅に次ぐ第2位である。

近年の推移は下表のとおりである。年度全体の乗車人員を365(閏日が入る年度は366)で除して1日平均乗車人員を求めており、計算で生じた小数点以下の値は切り捨てているため、定期外と定期の和は必ずしも合計と一致しない。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均乗車人員 出典
定期外 定期 合計
1980年(昭和55年) 40,232 60,141
1981年(昭和56年) 40,566 60,354
1982年(昭和57年) 48,558 60,698
1983年(昭和58年) 40,417 60,376
1984年(昭和59年) 40,430 60,397
[備考 1]1985年(昭和60年) 41,543 61,852
1986年(昭和61年) 41,453 61,055
1987年(昭和62年) 39,532 59,319
1988年(昭和63年) 45,432 65,886
1989年(平成元年) 47,246 68,182
1990年(平成02年) 48,327 70,134
1991年(平成03年) 50,494 75,037
1992年(平成04年) 52,135 77,142
1993年(平成05年) 52,250 77,385
1994年(平成06年) 52,635 77,143
1995年(平成07年) 53,281 77,856
1996年(平成08年) 53,847 78,839
1997年(平成09年) 52,696 77,468
1998年(平成10年) 51,796 76,936
1999年(平成11年) 52,288 [JR 1]77,856 [埼玉県統計 1]
[備考 2]2000年(平成12年) 52,851 [JR 2]78,675 [埼玉県統計 2]
2001年(平成13年) 50,937 [JR 3]75,944 [埼玉県統計 3]
2002年(平成14年) 50,184 [JR 4]75,328 [埼玉県統計 4]
2003年(平成15年) 49,542 [JR 5]74,777 [埼玉県統計 5]
2004年(平成16年) 49,633 [JR 6]74,577 [埼玉県統計 6]
2005年(平成17年) 50,514 [JR 7]76,610 [埼玉県統計 7]
2006年(平成18年) 52,132 [JR 8]78,874 [埼玉県統計 8]
2007年(平成19年) 53,097 [JR 9]80,350 [埼玉県統計 9]
2008年(平成20年) 53,374 [JR 10]80,152 [埼玉県統計 10]
2009年(平成21年) 53,097 [JR 11]79,457 [埼玉県統計 11]
2010年(平成22年) 52,976 [JR 12]78,759 [埼玉県統計 12]
2011年(平成23年) 52,495 [JR 13]78,175 [埼玉県統計 13]
2012年(平成24年) [JR 14]26,236 [JR 14]52,913 [JR 14]79,150 [埼玉県統計 14]
2013年(平成25年) [JR 15]26,499 [JR 15]53,911 [JR 15]80,410 [埼玉県統計 15]
2014年(平成26年) [JR 16]26,799 [JR 16]53,863 [JR 16]80,663 [埼玉県統計 16]
2015年(平成27年) [JR 17]27,393 [JR 17]54,931 [JR 17]82,325 [埼玉県統計 17]
2016年(平成28年) [JR 18]27,575 [JR 18]55,444 [JR 18]83,020 [埼玉県統計 18]
2017年(平成29年) [JR 19]27,955 [JR 19]56,276 [JR 19]84,231 [埼玉県統計 19]
2018年(平成30年) [JR 20]27,963 [JR 20]56,568 [JR 20]84,531 [埼玉県統計 20]
2019年(令和元年) [JR 21]27,244 [JR 21]56,953 [JR 21]84,197 [埼玉県統計 21]
備考
  1. ^ 1985年9月30日に埼京線が開業。
  2. ^ 2001年3月28日に埼玉高速鉄道線が開業。

駅周辺

川口市の中心駅であり、キュポ・ラ内にある川口駅前行政センターや川口市立中央図書館をはじめ、川口総合文化センター(リリア)などの市を代表する施設が周辺に立地する。駅自由通路と駅前の施設はペデストリアンデッキで結ばれており、2005年から2006年にかけてかわぐちキャスティやキュポ・ラの建設に伴って増床・接続された。駅前東口の地下駐輪場は以前は埼玉県内において唯一の地下街であり、各種の商店があった。また、駅周辺の住民並びに新荒川大橋の周辺の住民達は、地理的・経済的に東京都北区赤羽と密接に交流を行う傾向がある。そして、2010年10月に東口のエスカレーターと駅構内の間にある5 mほどの場所に雨天の際に傘をささなくても雨でぬれないようにするための屋根が設置された。また、非喫煙者を受動喫煙から守り健康を維持するために、駅周辺においては東口には4か所ある指定の喫煙所以外は禁煙とされている。

東口

駅東口・南側

大小さまざまな商業施設や商店、高層建築物が立地する。加えてキュポ・ラ内の映像情報メディアセンターや新しい川口市立中央図書館をはじめとした行政施設やマンションの建設ラッシュも進んでいる。

西口

駅西口・正面

バス路線

川口駅東口

岩手県交通京浜急行バス国際興業バス東武バスセントラルが運行する路線が発着する。

1番のりば(国際興業バス)
  • <川02> 川口駅東口行【東領家循環】
  • <川02-2> 東領家一丁目行 ※平日1本のみ運行
2番のりば(国際興業バス)
  • <川15> 川口駅東口行【谷在家駅循環】
  • <川15-3> 皿沼不動行 ※1日1本のみ運行
3番のりば(国際興業バス)
  • <川04> 舎人団地行 ※深夜バス運行
  • <川14-2> 舎人駅行 ※平日1本のみ運行
  • <川16> 川口駅東口行【弥平町循環】 ※平日土曜朝運転
4番のりば(国際興業バス)
  • <川01> 朝日三丁目行
  • <川05> 蕨駅東口行
  • <川05-2> 上青木五丁目行
5番のりば(国際興業バス)
  • <川07> サンテピア行 ※深夜バス運行
6番のりば
7番のりば(国際興業バス)
8番のりば(国際興業バス)
9番のりば(国際興業バス)
  • <川18> 鳩ヶ谷公団住宅行
11番のりば
  • 東武バスセントラル
    • <川10> 新栄団地行 ※1日4便のみ運行
  • 国際興業バス・東武バスセントラル
12番のりば(国際興業バス)
  • <川13> 峯八幡宮行 ※深夜バスを除く
  • <川13-2> 西沼行 ※川口車庫への入庫便
  • <川22>・<川25> 安行出羽行 ※「川22」系統は朝のみ運転
  • <川22-2> 原行
14番のりば(国際興業バス)
16番のりば(国際興業バス)
  • <川13> 峯八幡宮行 ※深夜バスのみ運行
17番のりば(国際興業バス)
  • <川21>・<川21-4> 川口駅東口行【鹿浜・領家循環】 ※「川21-4」系統は始発 - 8時台に運転
  • <川21-2> 領家市営住宅行 ※1日1本のみ運行
  • <川24>・<川24-3> 川口駅東口行【元郷・エルザタワー循環】 ※「川24」系統は前乗り、「川24-3」系統は朝運転
  • <川24-1> 元郷五丁目南行
その他(国際興業バス)

川口駅西口

国際興業バス・みんななかまバス(川口市コミュニティバス)[注釈 4]の路線が発着する。また、上下水道製造の前澤工業の従業員向けのバスも発着する。

1番のりば(国際興業バス)
2番のりば(国際興業バス)
  • <川50> 川口駅西口行【前新田循環】
3番のりば(みんななかまバス)
  • <川口01> 鳩ヶ谷駅東口行【川口・鳩ヶ谷線】 ※平日土曜運転
  • <川口02> 鳩ヶ谷駅東口行【青木線】 ※平日土曜運転
4番のりば

隣の駅

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JK 京浜東北線
快速・各駅停車
赤羽駅 (JK 38) - 川口駅 (JK 39) - 西川口駅 (JK 40)

脚注

[脚注の使い方]

記事本文

注釈

  1. ^ 地方都市のほか、大都市近郊の人口50万人以上の市でも相模大野駅相模原市)、船橋駅京成船橋駅船橋市)、姫路駅姫路市)など、川口市を除き市内に有料特急が停車する。
  2. ^ 東海道本線内でも同様に横浜駅戸塚駅付近で旅客線旧貨物線(現横須賀線線路)との、茅ケ崎駅付近で旅客線と貨物線との渡り線がある。
  3. ^ 川口元郷駅発は乗車扱い、羽田空港発は降車扱い。
  4. ^ 運行は国際興業バスに受託。

出典

  1. ^ a b c d e 駅の情報(川口駅):JR東日本” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2021年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月25日閲覧。
  2. ^ 審議会・委員会等:第20回 東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会 配付資料 - 国土交通省
  3. ^ 平成26年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(立石泰広議員)” (日本語). 埼玉県 (2019年5月29日). 2021年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。

報道発表資料

  1. ^ a b “首都圏エリアへ「駅ナンバリング」を導入します 〜2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、よりわかりやすくご利用いただける駅を目指します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年4月6日), オリジナルの2020年2月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200211041325/https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160402.pdf 2021年3月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “川口駅がより便利になります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道大宮支社, (2021年2月18日), オリジナルの2021年2月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210218035536/https://www.jreast.co.jp/press/2020/omiya/20210218_o01.pdf 2021年2月18日閲覧。 
  3. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月29日閲覧。
  4. ^ “京浜東北線川口駅のホームドア使用開始について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道大宮支社, (2019年5月15日), オリジナルの2019年11月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191109101104/https://www.jreast.co.jp/press/2019/omiya/20190515_o01.pdf 2019年11月23日閲覧。 
  5. ^ “駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」が横浜駅・川口駅へ拡大 ~全18箇所のネットワークへ拡がります~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年6月30日), オリジナルの2020年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200630052501/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200630_ho02.pdf 2020年6月30日閲覧。 
  6. ^ “川口駅・西川口駅・東川口駅発車メロディ変更について” (日本語) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道大宮支社, (2018年10月25日), オリジナルの2018年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181209123941/http://www.jreast.co.jp/press/2018/omiya/20181025_o01.pdf 2018年12月7日閲覧。 

新聞記事

  1. ^ “湘南新宿ライン、川口駅停車を 川口市長、国交省に要望…脆弱な状態”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2016年2月13日). オリジナルの2021年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210422153904/https://www.saitama-np.co.jp/news/2016/02/13/11.html 2021年4月22日閲覧。 
  2. ^ “川口駅の「中距離電車」JRが400億円要求し協議中断”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2021年4月7日). オリジナルの2021年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210422153133/https://www.asahi.com/articles/ASP466W0RP45UTNB001.html 2021年4月22日閲覧。 
  3. ^ “発車メロディーに「市民歌」の一節 川口市内JR3駅で2カ月間限定”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2013年11月2日). オリジナルの2014年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140111150351/http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/11/02/05.html 2015年7月26日閲覧。 

利用状況

  1. ^ 埼玉県統計年鑑 - 埼玉県
  2. ^ 川口市統計書 - 川口市
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
埼玉県統計年鑑

関連項目