川合玉江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわい たまえ
川合 玉江
別名義 川合 玉枝
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業女優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー
活動期間 1946年 - 1955年
配偶者 日高繁明
主な作品
赤線基地

川合 玉江(かわい たまえ、生年不詳 - 2004年頃)は、日本の元女優[1]。別名は川合 玉枝(読み同じ)。夫は映画監督日高繁明である[1]

来歴・人物[編集]

生年生地不明[1]。両親は静岡県御殿場市にあるホテル御殿場館(現在のTHE GOTEMBAKAN)を経営していたという[1]

女学校を卒業後、黒澤明池部良の推薦で第1期東宝ニューフェイス東宝に入社[1]。同期に久我美子若山セツ子らがいた。そして1953年(昭和28年)、谷口千吉監督映画『赤線基地』で映画デビューを果たす[1]。以後も多くの作品に出演するが、後に同じく東宝で映画監督を勤めていた日高繁明と結婚し、芸能界を引退[1]1955年(昭和30年)公開の滝沢英輔監督映画『おしゅん捕物帖 謎の尼御殿』が最後の出演作品となった。

詳細な年月日は不明だが、玉江の実姉である川合八千代がインタビューの中で「妹はもう亡くなって10年になるでしょうか」と証言しており、2004年頃に死去したものと思われる[1]

出演作品[編集]

東宝[編集]

特筆以外、全て製作・配給は「東宝」、特筆以外は全て「川合玉江」名義、全てトーキーである。

  • 『都会の横顔 TOKYO PROFILE』:監督清水宏、1953年7月8日公開
  • 赤線基地』:監督谷口千吉、1953年12月11日公開 - 長女河那辺静子 ※「川合玉枝」名義
  • 『この恋!五千万円』:監督佐伯幸三、1954年1月3日公開 - 江藤の娘久美子
  • 『次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊』:監督マキノ雅弘、1954年6月8日公開 - 夕顔
  • 『魔子恐るべし』:監督鈴木英夫、1954年6月15日公開
  • 『次郎長三国志 第九部 荒神山』:監督マキノ雅弘、1954年7月14日公開
  • 幽霊男』:監督小田基義、1954年10月13日公開 - 小林恵子
  • ゴジラ』:監督本多猪四郎、1954年11月3日公開 - 大戸島の娘
  • 『顔役無用 男性 NO.1』:監督山本嘉次郎、1955年1月3日公開
  • 『花嫁立候補』:監督渡辺邦男、1955年1月22日公開 - 大山選手 ※「川合玉枝」名義
  • 『麦笛』:監督豊田四郎、1955年5月3日公開 - 少年院の宏
  • 『おしゅん捕物帖 謎の尼御殿』:監督滝沢英輔、製作・配給日活、1955年7月26日公開 - 町娘お妙 ※「川合玉枝」名義

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、105頁・110頁。