川合貞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
川合貞一
川合貞一

川合 貞一(かわい ていいち、明治3年3月29日1870年4月29日) - 昭和30年(1955年6月19日)は、明治から昭和初期にかけての哲学者文学博士慶應義塾大学名誉教授

経歴[編集]

美濃国安八郡(現・岐阜県大垣市)生まれ。

明治25年(1892年)に第一回卒業生として慶應義塾大学部文学科を卒業する。新潟県尋常師範学校教授を経て明治29年(1896年)より慶應義塾大学部文学科の教授となる。明治31年(1898年)に慶應義塾が行った第1回のドイツ留学生として選抜され、日本最初の海外留学生としてヴィルヘルム・ヴントの心理学研究室に客員として入室を許された。哲学、教育学及び心理学を研究し、明治36年(1903年)に帰国。明治38年(1905年)に文学科長に就任。

大学令により大正9年(1920年)に新発足した文学部の学部長となり、予科教授・普通部主任、慶應義塾大学亜細亜研究所顧問を兼任。昭和3年(1928年)に文学博士となり、文部省国民精神文化研究所の哲事嘱託として聘される。

墓所は小平霊園

著書[編集]

単著[編集]

  • 『新論理学綱要』慶應義塾出版局、1907年10月。NDLJP:753063
    • 『新論理学綱要』慶應義塾出版局、1910年8月、増訂改版。NDLJP:753064
    • 『新論理学綱要』慶應義塾出版局、1939年4月、改訂。NDLJP:1055806
  • 『現代哲学への途』東光閣書店、1922年9月。NDLJP:969271
  • 『哲学から教育へ』東光閣書店、1922年12月。NDLJP:980303
  • 『カントと現代の哲学』東光閣書店、1924年10月。NDLJP:981741
  • 『論理学』春秋社〈春秋文庫 39〉、1930年10月。NDLJP:1126624
  • 『社会思想批判』日本青年協会〈日本青年協会パンフレツト 第三輯〉、1931年4月。NDLJP:1456255
  • 『マルキシズムの哲学的批判』青年教育普及会、1932年3月。NDLJP:1452650
    • 『マルクシズムの哲学的批判』丁子屋書店、1948年3月。NDLJP:1459656
  • 『因果論』岩波書店〈岩波講座哲学 第七巻 体系的研究四〉、1932年6月。
  • 『目標たるべき将来の社会』大阪府思想問題研究会〈思想叢書 第六篇〉、1935年4月。NDLJP:1236516 NDLJP:1711146
  • 『我が国家社会の本質』日本文化協会出版部〈日本文化小輯 第八〉、1935年7月。NDLJP:1452889
  • 『日本精神と社会の本質構造との関係に関する研究序説』日本文化協会出版部〈国民精神文化研究 第二年 第七冊〉、1935年10月。NDLJP:1033752
  • 『国家観』国民精神文化研究所〈国民精神文化研究 第三年 第四冊〉、1936年3月。NDLJP:1444816
  • 『歴史観』国民精神文化研究所〈国民精神文化研究 第四年 第四冊〉、1937年3月。NDLJP:1918078
  • 『明治文化の精神的底流』国民精神文化研究所〈国民精神文化研究 第五年 第七冊〉、1938年3月。
  • 『福沢諭吉先生を語る』目黒書店〈東洋文化叢書 二〉、1941年7月。
  • 『恩の思想』東京堂、1943年6月。NDLJP:1038388

訳著[編集]

論文[編集]

  • 「潜在意識に就て」 『三田学会雑誌』 第1巻 1号 1909
  • 「ヴント先生の追憶」 『心理研究』 第18巻 1920
  • 「限界概念としての意識一般」 『三田文学』 1923年4月号
  • 「Psychologische Methode」 『哲学』 第3輯 1927
  • 「ヴント先生の思い出」 『原理日本』 第19巻 6号 1943
  • 「ヴィルヘルム・ヴント」 『心理学講座 1. 現代心理学』 中山書店 1953

参考文献[編集]

  • 川合貞一肖像
  • 大泉溥 編『日本心理学者事典』クレス出版、2003年、350頁。ISBN 4-87733-171-9。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 上巻は、田中萃一郎訳。