川合辰弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川合 辰弥

川合 辰弥(かわい たつや、1977年4月2日-)は日本のインダストリアル アート クリエイター(インダストリアルデザイナーアーティストアートディレクター)である。

インダストリアルデザイン、アート、ファッション、サイエンスを組み合わせた、革新的な製品をデザインし総合的にプロデュースする「インダストリアルアートクリエイター」として、プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・ファッション・ブランディングプロデューサー・空間デザイン・建築デザイン等の様々な分野において活動。フランクフルト・ボローニャ・パリ・東京の国際エキシビジョンで様々な作品とブランドを発表。世界三大デザイン賞制覇をはじめ国際的なデザイン賞の多数受賞等で国際的な評価を得ている。サイエンスをベースとした既存の枠組みにとらわれないクリエイションは、クリエイターの新しい方向性として注目を集めている。

略歴[編集]

1977年熊本県生まれ、愛知県育ち。生家は日本美術に由縁があり、幼少期より日本美術や西洋美術に影響を受ける。少年期にブームとなっていたフォーミュラ・ワン マシンの美しさに感銘しフォーミュラ・ワンの空力デザイナー・エンジニアを志し中部大学 工学部 機械工学科を卒業。後に某自動車メーカーの開発技術者になる。

2009年 Carozzeria Kawai Co.Ltd を設立。ベンチャー企業として独創的な自社製品・ブランドを創り発表していく中で、様々な企業から製品デザイン・ブランド立ち上げのプロデュースの依頼が集まるようになり、様々な製品ブランド開発プロジェクトを手がける。

受賞歴[編集]

  • レッド・ドット・デザイン賞 2019 best of the best 最優秀賞 (ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)世界三大デザイン賞
  • iFデザイン賞 2019 金賞 (ドイツ インダストリー フォーラム デザイン ハノーファー )世界三大デザイン賞
  • iFデザイン賞 2019 (ドイツ インダストリー フォーラム デザイン ハノーファー )世界三大デザイン賞
  • ジャーマンデザイン賞 2019 特別賞 (ドイツ デザイン評議会、ドイツ連邦議会後援)
  • IDEA 2018(インターナショナル・デザイン・エクセレンス・アワード) Finalist(アメリカ・インダストリアル・デザイナー協会)世界三大デザイン賞
  • レッド・ドット・デザイン賞 2018  Winner (ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)世界三大デザイン賞
  • DIA 2018 (デザインインテリジェンスアワード ) TOP100(中国美術学院DIA委員会主催、浙江省政府後援)
  • iFデザイン賞 2018(ドイツ)(ドイツ インダストリー フォーラム デザイン ハノーファー )世界三大デザイン賞
  • ジャーマンデザイン賞 2018 WINNER(ドイツ デザイン評議会、ドイツ連邦議会後援)
  • iFデザイン賞 2017(ドイツ インダストリー フォーラム デザイン ハノーファー)世界三大デザイン賞
  • レッド・ドット・デザイン賞 2017  Winner(ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)世界三大デザイン賞
  • JIDAデザインミュージアムセレクション VOL.19 (公益財団法人日本インダストリアルデザイナー協会)
  • クールジャパンアワード 2017 (一般財団法人クールジャパン協議会、外務省・経済産業省後援)
  • グッドデザイン賞 2016(公益財団法人日本デザイン振興会
  • The Wonder 500™ 2016(経済産業省)
  • 多治見ビジネスイノベーション大賞 2016(第5回)大賞(多治見市・多治見商工会議所) 
  • JCD プロダクト・オブ・ザ・イヤー中部 金賞(一般社団法人 日本商環境デザイン協会)
  • VISIT JAPAN Cool Japan 部門 銀賞(経済産業省)

展示発表[編集]

メディア出演歴[編集]

人物のメディア掲載歴[編集]

作品のメディア掲載歴[編集]