川和町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川和町駅
駅舎(2008年3月30日)
駅舎(2008年3月30日)
かわわちょう
Kawawacho
G01 中山 (1.7km)
所在地 横浜市都筑区川和町1252番地[1]
駅番号 G02
所属事業者 横浜市交通局横浜市営地下鉄
所属路線 グリーンライン(4号線)
キロ程 1.7km(中山起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,333人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
8,510人/日
-2018年-
開業年月日 2008年平成20年)3月30日
備考 業務委託駅(横浜市交通局協力会)[2]
テンプレートを表示

川和町駅(かわわちょうえき)は、神奈川県横浜市都筑区川和町にある横浜市営地下鉄グリーンライン(4号線)のである。

地上駅で、グリーンラインの車両基地である川和車両基地への入・出庫線が設置されている。

駅番号G02。ステーションカラーは鶴見川沿いの伸びやかな地勢と、駅が高架駅であることから、空をイメージしてあお(露草色)   [3]

概要[編集]

都筑区の南西部に位置し、田畑が多く残る地域で、駅舎は横浜市道中山北山田線(区役所通り)に挟まれている。線路は中山駅方面へ急勾配で下っており、また川和車両基地にも日吉駅方向から中山駅方面に向かって分岐している。

駅のデザインテーマは「なごみのひろば」で、グリーンラインで唯一の高架駅という特性から、空や光などの四季折々の自然を感じられる駅を目指し、里山の風景や壁面緑化の植栽で、人々が親しみやすい場所が創造されている[4]

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

地名から採られた。「川和」の由来は川和町の項を参照のこと。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅。ホームに並んで留置線が2本あり、留置線には乗務員用の簡易ホームが設置されている。この乗務員用ホームが1・2番線になっているため、旅客用ホームの番号は3・4番線になっている。

配線の関係上、中山側から直接車両基地へは入線できないため、日吉側には折り返し可能な留置線が1本、そして車両基地から中山方面への出庫用にも1本設けられている。なお、開業以来当駅発着列車は設定されていなかったが、2014年(平成26年)3月29日のダイヤ改正で、中山方面行の初発と2番目の列車が当駅始発となった[5]

のりば[編集]

番線 路線 行先
3 G グリーンライン 中山方面
4 センター南日吉方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗降人員8,510人(乗車人員:4,333人、降車人員:4,177人)である。同線の中では一番少ない。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
出典
2007年(平成19年) [8]7,541 [* 1]
2008年(平成20年) 4,360 2,242 [* 2]
2009年(平成21年) 5,384 2,765 [* 3]
2010年(平成22年) 6,767 3,087 [* 4]
2011年(平成23年) 6,391 3,256 [* 5]
2012年(平成24年) 6,794 3,460 [* 6]
2013年(平成25年) 7,208 3,668 [* 7]
2014年(平成26年) 7,538 3,831 [* 8]
2015年(平成27年) 8,092 4,111 [* 9]
2016年(平成28年) 8,286 4,217 [* 10]
2017年(平成29年) 8,347 4,251
2018年(平成30年) 8,510 4,333

駅周辺[編集]

主に住宅地であるが、鶴見川谷本川)沿いは工業地域であり、中小工場が立ち並んでいる。

路線バス[編集]

最寄りのバス停は、県道中山北山田線沿い川和町駅横浜上麻生線沿い川和公会堂前および瑞雲寺前となる。

以下の路線が乗り入れ、横浜市交通局東急バス神奈川中央交通により運行されている。瑞雲寺前から市が尾駅方面に「川和町」というバス停も別にあるため、利用する場合は注意を要する。

川和町駅[編集]

乗り場 系統名 主要経由地 行 先 運行会社 備考
1 南61 青砥団地・中山大橋 中山駅北口 東急 1日1本のみ

川和公会堂前・瑞雲寺前[編集]

乗り場 系統名 主要経由地 行 先 運行会社
1 73 貝の坂・中山町 中山駅南口 市営
市03 貝の坂・梅田橋・小机駅 新横浜駅 東急
市43

中50

貝の坂・青砥 中山駅北口 東急

神奈中

2 73 川和町川和高校前・荏田高校入口 センター南駅 市営
市03

市43

中50

川和町・東福寺前 市が尾駅 東急

神奈中

市43 川和町・市が尾駅・青葉区総合庁舎 桐蔭学園 東急
川和町・市が尾駅・桐蔭学園入口・寺家町 【循環】市が尾駅
【循環】中山駅北口

隣の駅[編集]

Yokohama Municipal Subway Logo.svg 横浜市営地下鉄
G グリーンライン(4号線)
中山駅 (G01) - 川和町駅 (G02) - 都筑ふれあいの丘駅 (G03)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『横浜市高速鉄道建設史III』 横浜市交通局、2011年3月、285ページ
  2. ^ 市営地下鉄の「契約駅員」5名募集、グリーンラインほか受託各駅に勤務予定 - 横浜日吉新聞
  3. ^ 横浜市交通局 Q3 グリーンライン各駅のステーションカラーの由来は?
  4. ^ 『横浜市高速鉄道建設史III』 横浜市交通局、2011年3月、75-76・179-180ページ
  5. ^ 3月29日グリーンラインのダイヤ改正を実施します - 横浜市交通局、2014年2月28日発表、2014年7月13日閲覧
  6. ^ 横浜市統計ポータル - 横浜市
  7. ^ 神奈川県県勢要覧
  8. ^ 平成20年3月30日開業で2日間のデータ

出典[編集]

神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]