川尻駅前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川尻駅前停留場*
川尻駅前電停跡(現在は市道)
川尻駅前電停跡(現在は市道)
かわしりえきまえ
Kawashiri-ekimae
宮ノ前 (0.4km)
(0.4km) 岡町
所在地 熊本県熊本市川尻町(現・南区川尻1丁目)・八幡町(現・南区八幡6丁目)
所属事業者 熊本市交通局
所属路線 川尻線
キロ程 6.7km(河原町起点)
辛島町[1]から7.3km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1926年大正15年)10月12日
廃止年月日 1965年昭和40年)2月21日
備考 * 改称 八幡(やはた)→川尻駅前
熊本市電川尻線廃止に伴い廃駅
テンプレートを表示

川尻駅前停留場(かわしりえきまえていりゅうじょう)は、かつて熊本県熊本市にあった熊本市交通局川尻線に属した電停廃駅)である。

構造[編集]

  • 専用軌道上にあった、道路を挟んで離れていた相対式2面2線。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)10月12日 熊本電気軌道が世安橋 - 岡町間を新規開業と共に「八幡駅」として開設。
  • 1945年(昭和20年)12月1日 熊本市が百貫線と共に川尻線買収、熊本市交通局の路線となる。
  • (改称時期不明) 名称を八幡から川尻駅前に変更
  • 1965年(昭和40年)2月21日 川尻線廃止に伴い、当駅も廃止。

駅名の由来

現在[編集]

  • 廃止後に宮ノ前 - 川尻町区間の軌道跡は、そのまま国道3号バイパスから分岐した「バイパス道路」になったが、現在は「市道」となっている。
    川尻線の数少ない構造物である、天明新川に架かる鉄橋も存在している。
宮ノ前 - 川尻駅前間の天明新川鉄橋

隣の停留場[編集]

熊本市交通局
川尻線
宮ノ前電停 - 川尻駅前電停 - 岡町電停

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辛島町での川尻線発着は 春竹線(南熊本方面)側を使用。

関連項目[編集]